6科目の試験合格後にCFP認定者となるために受講しなければならないみなし実務研修ですが、2回目の実務研修が先日開催されました。

 

この講座、土日の2日間9:30~16:30という長い時間がとられます。通常、CFP認定者となるためには3年間の実務経験が必要になるのですが、この講座では、1時間1か月として換算してくれます。

 

従って、3年と同等の実務経験を取得するには、土日を1セットとして最低3回受講しなければなりません。その3回受講しなければならない内、先日2回目が終了したということになります。

 

講師は、FPK研修センター所属の方が行うのですが、実際にFPとしてキャリアを積まれている方なので、実体験を基にお話していただけることが多く、将来、そういったFP業務で食べていくことを目標にしている方にとっては、有意義な講義ではあります。

 

しかし、受講費用が1回29,000円と高いのがネックです。

従って、CFP認定者になるためには、87,000円の費用が最低でもかかります。

FP協会ってここでお金を取っているんだなーというのがうかがえます(笑)

 

1回目と2回目の講師の方が同じだったのですが、その方が口酸っぱくいっていたのが、FPとして生きていくためには、ライフプランを作成するスキルを付けること。専門分野をもったとしても、税の道では税理士に勝てないし、法の道では弁護士に勝つことは出来ない。FPが出来るのは、将来設計を作ってあげること。それに尽きると。

 

これはまさに私がやりたいことです。

人の将来設計をしてあげて、感謝され、しかもお金ももらえる。

こんな素敵なことはありません。

 

ただ、それだけでは食べていくのは難しいんだろうなーと感じました。

実際、講師をやっていたCFPの方も、FP業務だけでなく、宅建業も営んでいるとのことでした。その他に、こういった研修センターの運営や講師もやっているということで、FPよりもそういった収益の方が大きいのでは?と感じました。

 

FPの良いところは、自分の生活にもいかせることです。

もし、FPを職業として営んでいくのが生活的に苦しい場合であっても、

将来、相続が発生することはあるでしょうし、税金や保険の事も考えなければなりません。

お金にならなくても、自分の将来設計をするスキルが身に付くという意味でこの資格はくいっぱぐれがないと我ながら思います。

 

実際、私は確定申告の計画を立てる際、不動産投資の税金も含めたシミュレーションを立てる際など、この資格で得た知識を活かしています。

 

資格は自分を守るためのものです。

そして、何より学びながら楽しむこと。これ、結構大事だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪