今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

サラリーマン給与、家賃収入に加えて、もう1つの収益の柱を作るためにはじめたFXトレードですが、なんやかんやで学び始めてから既に2年弱が経過しようとしています。2018年7月末から始めたので、もうすぐ2年ですね。

 

不動産投資は毎月コツコツ家賃収入とローン返済額+運営経費の差額を貯蓄していき、財務健全性を高めていくといった感じで、かなり堅実的にやっていますが、2年前に1棟マンションを購入してから、より警戒心を強めて運営しています。

 

ただ、2年運営してみて、平均稼働率96%程度で回すことが出来ているので、購入直後と比較すると、実績があるため、大分安心感は出てきています。

 

一方、FXトレードの方は、そんな賃貸経営を補足するという意図で始めたのですが、まだまだ、細くできる程の収益規模には出来ていません。ただ、1年目、2年目と少額ながら負け越してきているところ、今年は今のところ勝ち越しの状況です。

 

不動産投資とFXトレードで違う部分で苦労しているのは、確率的思考法で物事を考えるのが難しいところです。

 

不動産投資では、空室が出たら、毎回全力で空室対策を行います。

毎回毎回が勝負で、失敗をすることは考えられません。

 

しかし、FXでは、10回中10回勝つことはまず無理です。

どんなに優れたトレーダーでも、マーケットの動きを完全に予測することは不可能です。

ということで、FXでは、損小利大の考え方がより求められます。

 

つまり、損切はしょうがないけど、損切になったとしても、できる限り小さい金額で負ける。加えて、自分が想定した方向に相場が動きた時はできる限り大きな利益を取る。ということです。

 

これを安定して行うためには、自分が決めた投資方針をどんな場面でもブラさずに続けていくという信念が必要です。

 

例えば、10連敗しても、今まで同じところでエントリーできるのか?というところで、トレーダーの差が出ます。(そもそも優秀なトレーダーが10連敗もしないでしょうけど、例えです)

 

不動産投資とFXは同じ投資の分類に入ってきますが、やはり取り組むための心の準備であったり、向き不向きの性格等々、異なる部分は多くあるという印象です。この2つの投資が上手く機能した時、僕はより強い不動産投資家になれると思っています。

 

今年は不動産投資家として10年目に入り、FXトレーダーとして3年目に入る年です。不動産投資家としては中堅、FXトレーダーとしては初心者とは言えない経過年数に入っていくので、どちらの方も自分が目標にしている結果を出せるよう、正しいやり方で成長していき、結果を出したいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪