20代、30代からの不動産投資

おはようございます!
今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

不動産業者が、不動産投資を始めるのであれば早く始めた方が良いという言葉を使って、顧客の方に営業をかけることがあります。これはその紹介している物件が本当に良いものであれば、実際に若くして不動産投資を始めた方が良いと僕も思います。

不動産投資を若く始めることによって得られる金銭的なメリットは、残債完済の年齢が早くなること、融資期間を長くとりやすいことなどが挙げられると思います。

一方、上記のような定量的なメリット以外にも、定性的なメリットは多くあると感じています。

今回はこういった数値では測れない、不動産投資家としては若い、20代や30代から不動産投資を始めるメリットについてお伝えしたいと思います。

20代や30代から蓄積されるノウハウ

まずは、不動産投資に関するノウハウを実践の中で学ぶ機会が早く得られるという意味で、ノウハウの蓄積が20代、30代から出来るというメリットがあります。

昨今のサラリーマン不動産投資ブームで、書店には多くの不動産投資に関する本が並んでおり、そういった本を通じて基本的な事柄について学ぶことは可能ですが、不動産というのは1つとして全く同じ物件が存在しないですし、11人個人属性や性格も異なります。

つまり、最終的には自分のやり方を見出していく必要があるのですが、そのためには自分で動いて、時には失敗して、学んでいくというプロセスが必要になります。20代や30代であれば、身体の心配がある方が少なく、動き回れる体力がある方が多いかと思いますので、こういった失敗を進んででき、多くの学びを得ることが出来ます。

その繰り返しの中で、より洗練されていき、失敗の可能性が低くなっていきます。

例えば、入居募集をしたところ、2名申し込みが入り、1名は家賃の値下げ交渉をしてきたけど、年収1000万円を超える方、もう1名は、家賃の値下げ交渉はしてこないけど、自営業をされている方がいた場合、家賃滞納経験がないと、後者を選んでしまう方が多いのではないでしょうか?

過去の賃貸経営の中で、家賃滞納された経験がある方であれば、おそらく前者を選ぶ方が多いと思います。こういった経験からくる、自分の中での失敗可能性を下げる判断というものは実践の中でしか身に付かないので、こういった経験を20代や30代から出来るということは、その先の賃貸経営で成功できる可能性が高くなっていくと言えると考えています。

20代や30代で始めるからこそ本業への良い影響を受けやすい

不動産投資は、投資という言葉はついていますが、実際には不動産という箱を活用した事業経営です。

自分で入居者を決めたり、リフォーム業者を決めたり、物件の選定を行うので、自分で考えて、経営をしていかなければなりません。

通常の企業に勤めていた場合、例えば入社したばかりの新人が、裁量権を持たされて自分で判断し出来る仕事は限られることが多いと思います。仮に任される仕事があったとしても、小さい仕事がほとんどでしょう。

不動産投資を始めることによって、真剣に取り組めば取り組むほど、経営について考えます。そして、自分で判断することも増えていきます。この中で、ビジネスマンとしての自分の実力もアップし、それが本業への良い影響をもたらすことがあると思います。

例えば、物件選定を自分でする過程というのは、その物件から生み出される収益とリスクを自分で考え、自分の中で将来収益が将来リスクよりも大きいと考えたら購入に至るということになります。

不動産投資は、自分のお財布に直接影響が出てくるということで、本業と比べてより本気で考えて行動する方が多いと思いますが、その過程で1つの物事に対してより深い考察ができるようになり、それが本業でも活きてくることがあります。僕も実際にそうでした。

従って、不動産投資に20代や30代から真剣に取り組むことによって、よりビジネスマンとしての能力向上にも良い影響をもたらしてくれることが多いのです。

20代や30代だからこそ広がりやすい自分の可能性

そして、不動産投資を始めたことによって関わる方は増えてきます。

賃貸管理会社、リフォーム業者、売買仲介会社等々、通常サラリーマンをしていただけでは関わらないような方々と接します。

僕は、不動産投資を始めていなかったら、上記業者の方々と関わる機会はなかったのですが、そういった方々と関わることによって、価値観が違う人と一緒に仕事する難しさであったり、報連相が全くできない人、人の事を平気で騙す人などがいることを知りました。

世間知らずだったこともあり、騙されたこともありますし、自分が思っているような流れで動いてくれない業者も多くいたのですが、その中で、自分が耐えうる許容範囲は広がりましたし、想定できるシナリオの幅も広くなりました。

また、本業以外の方々と話していると、本業だと普通に周りの同僚が出来ているようなことであっても、かなり重宝されるようなこともあります。僕の場合、経理の知識であったり、数値の分析能力は外部に出ると評価していただけることが多いことも実感しました。

こういった環境の中で、今まで気付かなかった自分の可能性に気付き、それを広げるチャンスを得られることが多いのです。

このように、20代や30代で不動産投資を始めるメリットは、金銭的な事だけではありません。こういった定性的なメリットも考えて、若い方は不動産投資を始めるか否かを考えていただきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪


人気ブログランキング