今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

今日は先日共有させていただいた給湯器の交換についてです。

この物件特有の話になり、ちょっとマニアックな話になってしまいますが、ガスエアコンと呼ばれる旧式のエアコンから現在の電気エアコンへの交換工事になります。

 

もともと、僕が所有している物件には4部屋ほど、ガスエアコンのままになっている部屋があり、この部屋の給湯器に関しては、給湯器とエアコンが連動しているため、給湯器が故障した場合、ある程度のコストが発生するリスクは認識しておりました。

 

既にいつもお世話になっている業者にも見積もりは取っており、コストも将来計画には入れていたのですが、その見積もり業者がここにきて、この見積もりだとできないかもしれないということを言い始めました。

 

話を聞くと、冷暖房装置を設置するためには、さんしんが必要になるが、このガスエアコンには、“にしん”しか通っていないため、“にしん”を“さんしん”にするための配管工事が必要になります。その工事のために、天井を解体する必要があるかもしれないので、このコストではできないかも・・・という話でした。

 

加えて、もし過去の施工した業者があれば、どのように工事をしたのか教えて欲しいとのことでした。

 

とはいっても、僕が所有してからは給湯器交換が初めてですし、今までの賃貸経営でもガスエアコンを交換したことなんてなく、今の管理会社もそういった経験はないとのことでした。

 

そこで、前の管理会社に事情を説明し、過去にガスエアコンを工事した記憶はないか?とお聞きしたところ、3年前ぐらいに工事したことがあるとのことで、その時の見積書をいただきました。

 

見積書には施工した業者名もありましたが、まず値段はたった5万円でした。w

とてもじゃないけど、天井を解体するという大工事をやった数値ではないですし、他の部屋でもともとガスエアコンだった部屋はあるはずだと思いますが、天井を解体した形跡はありません。

 

状況から判断するに、僕が依頼している業者が、大げさに言ってる可能性の方が高いとは思いますが、その業者から高額な請求が来ないためにも、前に施工いただいた業者に1回お調べいただくことにしました。そして、その内容をお任せする業者に共有し、それでもその業者ではできないとなった場合は、前回施工いただいた業者に任せようと思います。

 

このやり取りで1時間ぐらい費やされましたが、これでコストが下がるのであれば価値があるやり取りです。賃貸経営では、このように点を線に変えていくための、情報収集力は重要だと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪