住む場所

おはようございます!
今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

サラリーマンには人事異動がつきものですが、職種にはよるものの、サラリーマンであるがゆえに住む場所を選べない不自由を抱えている方は多くいます。

子供が産まれたばかりなのに、会社の人事異動に伴い単身赴任せざるを得ない方、近場に友人・知人がいて充実した生活を送れているのに、会社の人事異動で全く知らない地に引っ越さなければいけない等々、サラリーマンは住む場所を選べないという不自由があります。

会社の人事異動なので、従わなければいけませんが、家族や気心の知れた友人と一緒に時間を過ごしたりした方が人生としては質の高い時間を過ごせると考える方も多いかと思います。

しかし、こんなサラリーマンの不自由を不動産投資に上手く活かす方法があります。

その投資方法がヤドカリ投資法と言われる投資方法です。

結論から申し上げると、ヤドカリ投資法は低利で長期間の融資を引くことができ、かつ、自分が知っているエリアで賃貸需要等を吟味したうえで物件を購入することができるので、失敗が少ない投資方法です。

ヤドカリ投資法の概要

ヤドカリ投資法では、住宅ローンを活用します。

住宅ローンは自分が居住する物件を購入する際に認められるローンですが、赴任する先で実際に自分が住む場所として住宅ローンで物件を購入します。

その後、人事異動で職場エリアが変わった後、またその引っ越し先で住宅ローンを活用して実際に自分が住む場所として住宅ローンで物件を購入する。というサイクルを繰り返す投資方法がヤドカリ投資法です。

文字通り、ヤドカリのように住処を変えていく都度、低利で長期間のローンをひける住宅ローンの利点を活用し、所有不動産を増やしていく方法です。

住宅ローンは自分が居住する物件にしか活用できませんが、購入した時点ではそのエリアで勤務しており、そのエリアにずっと住み続ける可能性もあることは事実なので、そういった状況を上手く活用していく、ということになります。

金融機関等、定期的に人事異動が見込まれる職種の方々は、このヤドカリ投資法を上手く活用して、堅実に資産を増やしている方もいます。

ヤドカリ投資法のメリット

ヤドカリ投資法のメリットは主に以下2つです。

  • 低利で長期間の融資を引ける
  • そのエリアに実際住みながら物件を吟味することができる

特に1つ目の利点が大きいです。

住宅ローンはサラリーマン年収によって大体の上限が決められているものなので、その枠内で不動産を購入していくことにはなりますが、住宅ローンは通常の投資ローンを比較して、金利が低く、長期間の融資を引くことができるので、その後引越しをして、購入した物件賃貸した場合にキャッシュフローが出やすいというメリットがあります。

2つ目の利点も大きいと考えます。

自分が実際に住んで、そのエリアの賃貸需要の特性等を理解した上で物件を吟味することができるので、仮にその物件を賃貸に出すことになっても、そこまで考えた上で購入しているため、失敗が少ないと言えます。

不動産投資では、数字が最初の判断基準ですが、投資エリアによっては道が一本違うだけで賃貸需要が変わるエリアもありますし、そのエリアに住んでいないと分からない生活導線や活気があるエリア等々の情報の方も重要な判断基準です。

自分が住むエリアを選べないというのはサラリーマンとしての大きな不自由の1つだと思いますが、その不自由を上手く活かせるヤドカリ投資法という手法があることも頭に入れておいていただければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪


人気ブログランキング