question-310891_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日からまた1週間が始まるといっても、明日は休みなので、

大分気持ち的には楽です。そして、今日は、お世話になった方の送別会があるので、

しっかり送別して、明日の休みをゆっくりしたいと思います。

 

今日もAir bnbの話になりますが、以前申し上げた、1年住みたいというアメリカの方ですが、昨日、現地の案内や細かい条件の話をしてきました。

 

今回、リクエストがあった部屋は1泊16,000円で貸し出しをしております。

ということで、単純計算すると、1か月30日だとした場合、48万円もするわけですが、

48万円あれば、他にもっと良いところがあるだろーとずっと疑問に感じていました。

 

そして、その疑問が現実のものとなりました(笑)

 

さぞかしお金を持っているアメリカ人だと思いきや、皆さんが知っている英会話スクールの先生として働いている模様。。。あれ、家賃48万円も払えるの?いきなり疑問です(笑)

そして、話をしているうちに、今二人別々に住んでいるから、一緒に住みたい。

でも、今二人払っている家賃の合算ぐらいのレベルにしたい等々。

明らかに庶民の考え方でした。

 

嫌な予感はしていたのですが、希望の家賃を聞いたところ13万円と返答がありました。

え、、、あのーその金額って僕たちが借りている賃貸料よりも低いんですけど。。。

 

でも、ここまでギャップがあると、さすがに何も言えませんでした。

これ以上交渉しても全く持って時間の無駄だと感じたので、その場で解散、

もともと1時間半くらいは話をしようと考えていたのですが、

30分もたたずに終了。昨日は、色んな事に時間を使うことができました(笑)

 

やはり、ズルはよくないんだなと痛感しました。

短期滞在者向けのサービスをしているところで、こういった長期滞在者が

来る時点で何かおかしいなとは感じていましたが、そもそも短期滞在者向けの

料金で、長期滞在者が住むはずがありません。日本に住んでいる昨日のお二方みたいなかたであれば尚更です。

 

やはり、僕たちは、短期滞在者向けに部屋を貸し出し、

部屋のレビューを上げていき、積み上げていき、

基本料金や稼働率を上げていく。それが基本路線だし、

むしろ、それ以外はありません。

 

正直、長期滞在になった場合、全く手間がかからなくなるので、

その間に、他の部屋もやろうかとちょっとスケベ心を持っていたのですが、

それが昨日一気に吹き飛びました。

 

今月、来月は、外国人旅行客が比較的多い時期なのか、

稼働率、収益ともにかなり高いものとなっています。

 

これに油断することなく、引き続きやるべきことをコツコツ積み上げ、

よりよりサービスを提供していければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪