leave-room-825317_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日は、ランチタイムにAir bnbの新規物件についてのミーティングをするため、

ちょっと早めに起きてブログを書いております。

そして、明日も長期滞在予定のゲストの方と話し合い。

連日Air bnb関連の業務に見舞われております(笑)

 

最近、Air bnb関連の記事が多くなってきていますが、今日は不動産投資について、

お話をしたいと思います。

 

最近まで売却を考えており、売買契約まで結び、直前のところで、

買主の方に結局融資が下りず、破談になってしまったという話はしましたよね。

この話、売却しようと考えていて、それが破談になったという意味では、

非常に残念な話ではあったと思いますが、経験値は色んな意味で上がったと思っています。

 

まず、今回売却するにあたって、売買仲介契約を結んだり、

実際仲介の方といろいろお話したりしたんですが、この出来事の1つ1つが、

全て初めてだったので、それ自体勉強になりました。

 

それになりより、今日のタイトルにもある通り、今の物件を長期保有した場合、

現入居者が退去した際には、必ずリノベーションが必要になってきます。

要は、内装をスケルトンリフォームし、次の入居者の方に貸し出せる状態にするという意味です。

 

こういった、リノベーション、経験してみないとわかりません。

どこの業者が良いのか?どういったリノベーションの種類があるのか?

コストはどの程度かかるのか?こういったことは、自分が大家として、

リノベーションが必要な境地に立たされて、初めて真剣に考えます。

 

今のような、あまり必要がない状態の中では、真剣に考えにくいのですが、

長期保有というのも視野に入ってきており、かつ、現入居者が今後、

ローンの残り期間である30年程度も住むはずはおそらくないと思うので、

実現性は非常に高いことだと思っています。

 

ということで、色々業者に当たってみようかなーとも思います。

 

 

そして、このリノベーションのスキル、今後求められていくことは間違いありません。

 

既に東京には家が溢れ、建築する土地がなくなってきている昨今、

今ある物件をどのように活用していくのか?ということが求められています。

 

その際に、非常に重要なのが、古いマンションや部屋をいかに効率的に、

そして、見栄え良く、再生するかという能力ではないでしょうか?

 

僕は長期保有することによって、そういった能力を高められるのであれば、

売買破断も将来的には良い影響を及ぼすかもしれないと思っています。

かなりポジティブ思考と思われるかもしれませんが(笑)

 

ということで、売買がなくなった今、この物件を保有する中で、

利益を最大限にする方法を考えていきたいと思います。

 

その中で、リノベーションスキル、これを磨いていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪