angry-man-274175_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日で木曜日。

もう少しで今週が終了します。

明日が終われば、久しぶりに解放されるかと思うと楽しみでしょうがありません。

とりあえず、頑張ります!

 

今日は、不動産の話というよりも愚痴に近くなってしまうかもしれませんが、

ご了承ください。

 

今、四半期決算の作業をしているのですが、一方で社内の監査部から、意味の分からない注文を受けています。何も、この忙しい時期にやらなくても良いと思うのに、

なにやら、社内で監査報告書なるものを作成しているらしく、それをつくるのに、

過去5年前のデータがどうなっているかを聞いてきています。

 

そもそも、5年前に今と同じような組織がなかったので、

僕的には、そんな状況の中で、5年前、4年前の数値を今の組織ベースで作ることに

あまり意味がないと思うのですが、その方的には重要だと考えているのでしょうか、

しつこく聞いてきます。

 

組織にいると、こういった無駄な仕事、ポストを生むための仕事って存在しますよね。

監査部という組織がありながら、ポストづくりのために、無理やり、モニタリング室

的なものを作ってみる。

 

でも、結局、やっていることは監査部とあまり変わらない。

 

本当に必要なの?と考えてみると、大多数の人が疑問符をなげかける。

 

そういった一般的に考えて矛盾と思えることでも、実際この世の中起こったりします。

 

そして、この矛盾と思う範囲、事柄って人によって千差万別だと思います。

ただ、少なくとも、言えること、独立していれば仕事のスタイルは自分で選べます。

自分の価値観で動けるという事は、自分の仕事スタイルに対して、矛盾を感じるという事は少なくなるでしょう。それが一般的に考えて矛盾と捉えられるかどうかは別として(笑)

 

ただ、サラリーマンである限りは、こういった意味があまりない仕事も含めて、

仕事だと思っているので、それに対応するしかありません。

精神力を鍛えるための旅とも言うのでしょうか(笑)

 

先ほど言った事とはちょっと矛盾してしまいますが、独立したとしても、

どこかの会社の下請けになってしまうとまた話が違ってきます。

その親もとのいうことを場合によっては、へこへこしながら聞かなければいけません。

 

でも、大家業では、そういったことは少ないと感じています。

なぜなら、大家というのは社会的にある程度確立されている地位であって、

上の立場からものを言える形態だからです。それは、30歳に満たない僕であっても、

かなり感じます。

 

ということで、矛盾した仕事。

早くここから抜け出したい!と思う今日この頃です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪