sunset-815270_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日は四半期決算の真っただ中だというのに、ほぼ一日研修があります。

今月下旬にも研修があるのですが、ホントに勘弁してほしいというのが、

正直なところです。といっても、会社の研修を受けるのも仕事のうちなので、

粛々とやるしかないんですけどね。。。

 

この半年にわたって交渉を続けてきた、家賃5,000円アップの物件ですが、

いよいよ、契約更新書に入居者が記載をしていただき、今日郵送いただけるとのことです。

この契約書を入手すれば、法律的には5,000円アップしたことになり、

仮に家賃が、何かのミスで今まで通りの金額で入金されたとしても、

催促する権利は出てきます。

 

この家賃5,000円アップとほぼ同時のタイミングで、今回売却をするわけですが、

このまま契約更新が無事終了した場合、売買契約書の締結も無事終了していくわけですが、

正直、なんだか寂しい気もします。

 

この半年にわたって、家賃増額の交渉をしてきたわけですが、

この交渉は、将来の売却を見据えた売買価格のつりあげを狙ってのものではなく、

どちらかと言えば、当初は、僕自身の賃料収入を上げるためのものでした。

 

それが、融資の相談をしに行った、銀行マンの方に、僕が所有している物件の中で、

この物件が一番価値が上昇しているので、売却を考えてみたらどうか?という話をいただき、売却をすることを真剣に考え始めました。

 

まず、売却査定から始め、その中から熱心な会社から数社連絡があったものの、

僕が実現可能性の低い価格を提示していたということもあり、食いつく会社はなく、

1社だけ熱心にアプローチしていただいた会社も、修繕積立金を間違えての、

アプローチだったことに、会ってみて気付いたといった具合でした(笑)

 

そこから、いきなり8月末、夏休みを取得している最中に、ある不動産会社から連絡があり、まだ、この物件売れてませんか?と質問があり、良いお客さんを紹介できるので、是非媒介してもらいたいと電話があり、一般媒介に切り替え。

 

結局、その紹介したいといっていたお客さんは、物件を見た瞬間、汚いという理由で、

即ボツになってしまったようです(笑)。ですが、その後、同じ地域に住む方が見たいということで、現地に行って、この地域でこの広さの物件はないという理由で、

将来住むという想定で、購入いただける運びになりました。

 

そして、もともと仲介を依頼していた会社からは何の連絡もありません。(笑)

ホントにタイミングなんでしょうね。何か縁を感じるので、今回売却をすることを決めました。

 

とはいえ、賃貸借契約にしても、売買仲介契約にしても、まだ決定ではありません。

失敗がないよう、しっかり最後までフォローしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪