business-561388_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日は、昨日のAir bnb関連の作業からの、早朝からの会社研修だったので、

更新がこの時間になってしまいました。

とはいえ、なんとか更新できました。

会社の研修、あと4回、こんなのがあります。。。

なんとか乗り切れたらと思います。

 

かなりタイムリーな話になりますが、今日の夜8時から、不動産売買仲介業の方とお会いしてきます。目的は、僕が所有している物件に申し込みが入ったということで、

その売却にかかわる、以下の書類・ものを求められているので、それをお渡しするのがメインです。

 

  • 当物件の賃貸借契約書のコピー
  • 当物件の権利証(登記識別証のコピーをお渡しする予定です)
  • 僕自身の身分証明書のコピー
  • 実印
  • 物件のパンフレット(購入時のマイソクを持っていきます)
  • 管理委託契約書のコピー

 

ということで、これらの資料は手渡せばよい話ですが、僕自身の以下の事はしっかり話しておきたいと思っています。

 

A.売買価格について

現時点でいただいている申し込みでは、僕が設定した売買価格より100万円下がった形での指値が入っている状況です。ただ、僕としては、この物件に対する思い入れもあるということもありますし、将来この物件が持っている可能性(建替による収益大幅アップ、将来の更なる価格上昇)というもあり、あまり妥協はしたくないと思っております。

 

ただ、一方、現在申し込みが入っている価格での申し込みは、売却依頼を開始してから、

3か月程度経ちましたが、これが始めてで、悪くない価格だとは思っています。

ということで、指値100万円を全く否定するということではなく、せめて50万円の指値にしていただけないかということを、強く交渉する予定です。

 

全体的に見たら、そこまで大きな割合ではありません。

ありませんが、個人的なキャッシュインパクトとしては相当大きな金額です。

この部分、妥協はせず、しっかり交渉してきたいと思います。

 

そして、二番目に話をしておきたいこと。

 

B.管理会社継続のお願い

これは、完全に僕の情になってしまうのですが、

ここ半年、管理会社の頑張りのおかげで、家賃を5,000円アップすることができました。

一時期は、連絡をこまめにくれないなど、不満を感じていた時期もありますが、

5,000円アップという結果をだしてくれた担当者の方には、若干申し訳ないという気持ちは残っています。

 

ここで、僕がこの物件を売却し、もし、買主の方が、管理会社を変えるという選択をした場合、彼らにとっては、この半年間の努力が水の泡になります。

 

そういった事態はできれば避けたいのですが、どうなるんでしょうね。。。

この部分は、絶対に!というわけではないのですが、交渉をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪