balls-313405_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日も朝から、不動産関連の仕事が待っています。(笑)

このシルバーウィークは不動産尽くしということで、記事にも取り上げましたが、

その通りになってしまっている模様です(笑)

でも、楽しみながらやっているので、これで良しとします。

 

昨日、不動産の売却を依頼している不動産業者より、電話が入り、

なんと、購入の申し込みが入ったとのことです!

電話をもらった時は、意外と冷静に対処していたのですが、

その後、色々数字的に計算すると、興奮がとまらなくなり、

勉強に熱が入らなくなってしまいました(笑)

 

今現在、募集売却価格が3千数百万円なんですが、指値が100万円は言ったようです。

もともと100万円の指値を見込んでのこの金額だったので、まぁこれでも売却してしまいますが、やはり、お金は取れるうちに取っておくというのが基礎なわけで、

もともと募集していた価格との間をとって、50万円だけの指値ということでどうか?

という話を、不動産売買仲介の業者に依頼しました。

 

不動産の売買っていつも思うのですが、桁があまりにも違うので、

日常生活的に見たらかなり大きな金額なのに、それが小さく見えてしまいます。

 

例えば、今回の話にしても、3千万円の売買の数十万円ならどうでもいいかと思ってしまいがちです。確かに割合でいえば、そこまで大きな割合ではないのかもしれません。

そうなのかもしれないのですが、絶対額で見たら、50万円ってかなり大きいですよね?

 

そんなの当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、不動産業界に入ってみると、

実際自分が不動産売買をやってみると、きっとわかっていただけると思います。

 

僕は本業でも、経理マンということ、数字を見る機会が多くあるのですが、

基本的に億円以下はあまり気にしないというのがあります(笑)

個人的に見たら、本当にあり得ないのですが、やはり規模、全体から照らし合わせた重要性を鑑み、そういったことになってしまっているのだと思います。

 

でも、不動産投資は会社ではありません。

全てが自分にふってかかってきます。だからこそ、こういった小さいところも

細かくチェックして、収益を1円でも多くとるという考えは非常に重要だと僕個人感じています。

 

それが、こういった売買の時であったり、リフォームの時であったり、入居者募集の時であったり、コストカットの場面というのは様々ではありますが、向かう目標は同じです。

 

ということで、今回の売買、木曜日に業者の方と顔を合わせるのですが、できる限り高額で売却が売れるようほどほどに頑張りたいと思います。ほどほどにといったのは、押しすぎると、この話が破談になってしまうかもです(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪