sketchbook-156775_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日から1週間夏休みなので、今週は本当に何もせずに、ゆっくりしたいと思います。

まぁ、何もせずとは言っても、会社の課題であったり、資格勉強であったり、

ちょこちょこはやるんですけどね(笑)

 

最近、Air bnbを始めて思うのですが、ホテル業ってやはり、落ち着かないですよね。

チェックインの日を間違えたお客さんもいたし、ホテルへの案内地図を送っているにも

関わらず、それを見ずに、道が分からないということでいきなり僕の携帯に電話をしてきたり。。。

 

でも、普通に貸し出すよりも、利回りは確実に良いとは思います。

もちろん、稼働率によりますが、今の状況であれば、渋谷・新宿周辺であれば、

やり方を間違えない限りは、黒字にはなります。

 

そこで思うのが、そういった新宿・渋谷周辺の1棟マンションを購入することです。

こういったエリアの物件の表面利回りは通常かなり低いでしょう。

エリアが良い分、利回りが悪くなるのは通常のことで、新宿・渋谷エリアであれば、

5%~6%が通常です。まず、普通に賃貸として貸し出した場合は、回りませんよね。

 

でも、この1棟マンションの各部屋を、Air bnbを使用して、ホテルとして貸し出すとした場合、大分利回りは変わってくると思います。場合によっては、5%ぐらい変わってくるかもしれません。

 

新宿・渋谷エリアで表面利回り10%の物件なんてまずありえませんから、

運用の仕方を変えることによって、ここまで利回りが変わってくるとなると、

やるべきだという決断を下す方も出てくるかもしれません。

 

でも、このAir bnb、日本は現在宿不足だということで、暗黙の容認がなされていますが、

いつ政府から待ったがかかるかわかりませんし、仮に世界株安が悪化し、

円高に振れた場合、外国人旅行客が大幅に減ることから稼働率が下がることも見えています。

 

また、最近は、このAir bnbというのも大分メジャーになってきたということもあり、

参入者が確実に増えています。ということは、全体の観光客数は変わらない中でのパイの取り合いになることは必至で、淘汰されていくことは間違いありません。

 

これは、通常の賃貸経営にも言えることですよね。

今後人口が減少していく中で、住宅供給過剰の現状を考えると、

絶対に淘汰されていきます。

 

もう、それなりの立地に家を所有していれば、絶対に埋まるなんて定説はなくなり、

ある程度の努力が必要になってくるということは間違いありません。

 

その中で、どのようにして、効率的な形でキャッシュフローを保っていくのか?

これは永遠の課題になります。そのためにも、色んな形での運用を覚えておく方が

僕は良いと思ってはいます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪