articulated-male-818202_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日は金曜日で華金といきたいところですが、

明日から9連休ということで、たまっている仕事を今日中に片付けなければなりません。

こういう時に限って、会議がいろいろ入ったりして、自分の作業時間が割かれるんですが、

なんとか、今日乗り切って、明日からゆっくりしたいと思います。

 

通常の不動産経営に関しては、自分一人が所有している資産ということで、

物件選定から始まり、入居者募集、リフォーム内容、賃借人との交渉等々、

最終的な判断は自分で行うことができます。

 

しかし、最近始めたAir bnbでは、3人共同出資ということで、みんなに物事を決め、

重要なことを決めるには、他2人の承認を基本的に得てから行う必要があります。

 

どちらにもメリットデメリットがあるかと思います。

 

まず、通常の不動産経営に関していえば、完全に自分の判断で全てが決まるということで、

意思決定のスピードが速いし、自分で決めたことなので、後々後悔するということは少ないです。

 

また、自分しかいないので、仲間内でトラブルのようなことも起こりません。

 

反面、デメリットですが、自分の考えしか当てにできないので、

それがあっているのか?それとも間違っているのか?判断ができません。

誰か他に1人でもいれば、自分が間違った判断をした際に、指摘をしてくれるかもしれません。

 

一方、共同で何かをやろうとしたときのメリットは、上記のように、お互いの知恵を出し合い、一人で考えるよりも、より良いスキームを構築できたり、それによってコストを削減で来たり、利益率を上げたりできる可能性が高くなることかなと思います。

 

実際、今回のAir bnbにしても、安く家具・家電を購入できたのは、メンバーの一人である女性の提案によるもので、手配も彼女がしてくれました。

 

また、メンバーのもう一人が1級建築士ということもあり、設備の故障であったり、

設備の設置、また、効果的な写真撮影など、彼が寄与してくれた部分も大いにありました。

 

このようにお互いが補完し合って、1つの作品が完成し、

実際、それで現在利益が上がっている状況を見ると、非常にうれしく感じるとともに、

なんとか、このまま利益を上げていきたいと思う次第ではあります。

 

反対にデメリットですが、これはもう、機動力の低下です。

一応、3人で役割分担のようなものはできていますが、全体に影響するような、

決断、例えば、管理会社のプランを変更するだとか、大幅な家賃の変更だとかは、

やはり、皆さんに確認を取らなければなりません。

 

そこらへんが若干面倒かなと思う部分もありますが、やはり、複数でやった方が、

リスク軽減という意味でいいのかなと感じ始めています。

 

みなさんはこの辺どのようにお考えですか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪