camera-541213_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今週は、気候が不安定らしく、雨が降ったり、雷雨になったりするらしいですね。

涼しくなってきたなーと思ったら、今度はむしむしになるという。

これは、北京にはなかったことなんで、慣れるまで時間がかかりそうです。

お肌には良いんでしょうけどねw

 

昨日、Air bnbの業者の方と面談をして、先週1週間で、それなりのビューが

あったにも関わらず、リクエストが1しかなかったことに対する対策について

話をしました。

 

結論としては、まず家賃設定が高すぎるということ。

これが第一でした。周辺物件と照らし合わせ、かつ、現時点では、

誰も僕の部屋に住んだことがないので、レビューもなし、しかし、

家賃は周辺相場よりも大分高くなっているという状況では、誰も予約なんて

入れないでしょう。

 

そんなことにも気づかず最初の1週間を無駄にしてしまった自分に悔いが残ります。

 

家賃設定に関しては、とにかく、最低レベルまで下げました。

最低といっても、僕たちの収支がある程度成り立つレベルでです。

1/2とまではいきませんが、1/3ぐらいまで下げました。

 

その結果、早くも日曜日の夜にリクエストが1件発生しています。

 

そして、課題②は、写真撮影です。

 

僕たちが掲載している物件は70㎡ということで、それなりに大きな部屋です。

大きな部屋ではあるんですが、写真からそれが全く伝わってきません。

それが大きな問題なんです。

 

こういった、外国人観光客向けのサイトっていうのは、写真がすべてです。

写真で、綺麗に見せることができれば、申し込みは入りますし、

かつ、内容も良ければ、レビューが貯まっていきます。

 

しかし、申し込みが入らないことには、どんなに部屋の内容がいいものであっても、

レビューがゼロ、そして、お金もゼロです(笑)

 

ということで、空間を広く見せる写真。

どのようにすれば、空間を広く見せる写真を撮れるのか?

業者の方に確認をしました。

 

業者の方曰く、高さは目線の高さにして、部屋の対角線角を中心にするようにして、

撮影すると、部屋が比較的広く見えるとのことでした。

面談後の午後に、実際その手法で撮影してみたところ、確かに広く見えるようになりました。

 

かつ、部屋が単調になりすぎていたので、赤、オレンジといった鮮やかな小物を

置くようにして、部屋の見栄えを良くするように変えました。

写真は、昨日の夜に全て差し替えし、とりあえず、この1週間様子を見てみたいと思います。

 

なんか、最近Air bnbのブログみたいになってきましたが、

Air bnbといっても、結局は不動産経営の一種です。ここで学んだことは、

必ず、通常の不動産経営においても活きてくると思うので、なんとか乗り切りたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪