money-742052_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日からまた1週間が始まりますね。

水曜日からは若干仕事が忙しくなるので、

それまでは、準備をしっかりして、何とか仕事の分散化を図りたいと思います。

 

先週、人民元の切り下げが3日連続で行われたことを皆さん覚えていますか?

中国に2年住んでいた僕にとって、なんとなく他人事とは思えない出来事なんですが、

まず、切り下げってなに?ってよく聞かれることがあります。

 

切り下げとは、人民元の価値を下げることです。

具体的には、中国政府は、人民元の為替操作を行っているといわれており、

おそらく、先週の3日間、人民元を膨大に売る。そうすることによって、

人民元安を誘導したといわれています。

 

目的は何か?

 

おそらくその部分が気になるところだと思います。

一言でいえば、中国経済をよくするためです。

 

では、中国経済をよくするためには何をすべきかということですが、

中国の輸出産業を好転させるということです。

 

自国の輸出産業を好転させるためには、自国の通貨を安くすることが

手っ取り早い、なぜなら、外国からしたら、その外国の通貨ベースで

同じ値段であっても、元安により、元ベースでの売上高があがるためです。

 

そもそも、中国は、こんな操作をしなくても、自国内の内需で経済を保つことが

可能だと思っていましたが、やはり、自国内の消費だけでは厳しく、

輸出という部分も重要な影響を及ぼしているんでしょうね。

 

しかし、この元安、日本にとっては必ずししも良い影響を及ぼすとは言えません。

今、日本向けの外国人観光客が急増しているといわれていますが、

それは、円安になったことにより、外国人からすると、日本のものが安く変えるようになったり、滞在費が安くなったことが1つの大きな要因として挙げられます。

 

そして、この外国人の中で群を抜いて消費をしてくれている国籍は、

間違いなく、中国人です。その中国が元安になることによって、

日本のものが彼らにとって若干割高になります。

 

それによって、旅行等、日本国内の消費にどれだけ影響をが出てくるのかは

分かりませんが、ある程度はあるんだろうなと思います。

 

僕としては、不動産価格が下がって欲しいので、なんとか、そういう方向に向かってほしいのですが、

僕自身でできることなど何もないので、とりあえず状況を見極めていきたいと思います。

 

そして、今日朝から雨で、若干憂鬱ですが、仕事頑張りたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪