sunset-202380_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日からまた1週間が始まりますね。

今週は特に仕事上の大きなイベントはありませんが、

飲みの方が中盤から後半にかけて続くので、体調管理はしっかりしたいと思います。

 

土曜日は会社同期が企画するBBQに行ったという話はこのブログでもしますが、

BBQが楽しかったのはもちろんのこと、会社同期と意外な話で盛り上がってしまいました。

 

その話というのは、Airbnbの話です。

 

おそらく、このブログを見ている方でも知っている方は知っていると思いますが、

このシステム、ようは自分の部屋を短期滞在の方へ貸し出すということを、ネット上で

できるようにしているシステムです。

 

例えば、自分が借りている部屋、それをAirbnb上で、賃貸可能な部屋として、

写真や、紹介分をアップして、それを見た短期滞在予定の外国人であったり、

日本人が、その部屋を予約するわけです。

 

鍵の引き渡しや、ベッドメーキングが面倒というデメリットはありますが、

僕の会社同期は、月10万円の家賃を支払って、1泊80ドル、つまり、

今のレートでいえば、大体1万円くらいで貸し出しているので、毎日滞在してくれる方がいれば、それだけで30万円で、家賃を差し引いて、20万円手元に残るというシステムです。

 

資産をもたずに、リスクもない、しかも固定資産税も発生しない、ゆういつの課題は、

税務上どう申告するかということです。

 

僕のような資産を所有しての賃貸収入ではないので、減価償却を計上することができません。そうなると、家賃は経費として差し引けても、それ以外のものは基本差し引くことはできません。

 

そうなると、1か月15万円の手残りが出たとして、それがそのまま利益になるので、

1年間で180万円を利益として計上しなければならなくなります。

そうすると、サラリーマン収入にプラスしての収入になるので、確定申告によって、

プラスで所得税を支払わなければなりませんし、翌年度の住民税の金額も上がります。

 

そういった税務上のデメリットを考えると、単純にキャッシュフローだけで比較してはいけないのかなという印象を持ちました。

 

彼の場合、宿泊料は直接銀行口座に振り込んでもらっているとのことなので、

もし仮に、税務調査が入って、銀行口座の履歴を見られてしまうと、

なぜ確定申告をしないんだということになり、追徴課税がかされてしまうことになります。

 

どうするかは彼の判断になりますがね。

 

でも、資産を所有しないで、1か月10万円の家賃を支払うだけで、

これだけお金儲けができるのは、かなり刺激を受けました。

 

ただ、貸し出すのではなく、ホテルのように1泊1泊料金をもらって、

お金を儲けるというやり方をすれば、おそらく、今の家賃の2倍は儲けられると

思います。でも、毎日回せたらの話になりますけどね。

 

1つの賃貸経営の方法として頭の中に入れておきたいと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪