thailand-142337_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今週もあっという間に木曜日ですね。

今日は、友達の兄貴で不動産屋で働いている方を

紹介してもらうのですが、かなーり久々に東京駅に行きます。

下手すると就活以来ですが(笑)、実りのあるトークをしてきたいと思います。

 

今日、先週金曜日の面談を受けて、都市銀行の担当者から連絡がありました。

何かと思えば、この前ちょっと議論をした頭金についてでした。

 

わざわざ電話してきてくださったこと自体、非常に誠実だなーと感じたのですが、

内容としてはあまり良い内容ではありませんでした。

 

この前の話としては、差入担保を差入れれば、頭金3割という規定は、

若干緩和してくださるということで終わっていたのですが、

担当者はそういったあいまいな形で話を終わりにしたくなかったのでしょう。

電話してきました。

 

内容としては、この前、頭金3割という規定は緩和する可能性もある

といいましたが、実際は、差入担保を入れたとしても、この規定は緩和するのが

難しいということでした。

 

さすが、都市銀行。そう思いました。

 

1億円の物件を購入するのであれば、3千万円+物件諸手数料(大体物件の7%~10%)

ということで、多ければ、1億円の物件を購入するのに4千万円のお金が必要になる

ということになります。

 

僕の現在の貯金余力を考えると、そこまで貯めるのに2年ちょっとかかります。

しかも、この2年ずっと独身でいるかもわかりませんし、寮にずっと住み続けるかも

分かりませんし、そもそも2年後なんて何が起こってるかわかりません。

 

であるのなら、やはり、購入時期としてはここ1年ぐらいの間、

特に来年の年初3か月間だと僕は見ています。

 

ここで、いかに良い物件を見つけられるかが僕の今後の人生を左右する

といっても過言ではありません。本当にそう思います。

 

ということを考えると、かたーい都市銀行ではやはり融資は厳しいのかなと

ちょっと思ってしまいました。その点、地方銀行、信用金庫は頭金に関しては

厳しい規定はなかったので、今は、一応都市銀行にも書類は提出するものの、

最終的には地方銀行か信用金庫になってしまうんだろうなーと

今日の電話で感じてしまいました。

 

でも、地方銀行は交渉によっては金利1%台前半も見込めます。

まずは、貯金をして、自分の財産状態をよくするということは当たり前の

前提として、そういった交渉術、どのようにして低い金利で借り入れができるのか?

という研究も徐々に始めていきたいと思います。

 

それが直接的にキャッシュフローに影響してくるわけですからね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪