wood-67803_1280

 

このゴールデンウィークで若干体重が増えたので、

今日明日は朝からプールで泳いできたいと思います。

一旦体重が増えると、なかなか落ちませんからね。。。

 

昨日は、久々にあった会社の同期3人と飲みに行きました。

そのうち、1人は約3年ぶりに会ったのですが、何も変わっていませんでした笑

 

変わっていたことといえば、結婚して、子供ができたということでしたが、

(↑結構でかいことかも笑)

住宅ローンを使って、既に家を購入したとのことでした。

 

僕たちの世代であれば、会社の制度をうまく使えば、5年間、

家賃補助が出ます。マックスで10万円程度出るので、フルフルで

使えば、約500万円程度のプラスになるわけですが、

彼はそれを使わずに、家を購入したというわけです。

 

また、もう一人の彼は、現在、僕と同じ独身寮に住んでいるわけですが、

来月あたりから、新宿の方でシェアハウスをすると聞きました。

 

どうやら、4階建ての部屋を3人でシェアするらしく、

1人あたり10万円程度の家賃を支払う予定とのことです。

しかも、独身寮の部屋は倉庫として使いたいらしく、プラス1万円も

支払うというわけです。

 

これはこれで普通の話なわけですから、

不動産投資をしてる僕にとっては、若干もったいないかなーと思ってしまいます。

 

1人目のマンションを購入した同期に関しては、資産を早めに形成するという

意味では、悪くない選択ではありますが、それでも500万円の援助って

大分大きいと思います。しかも、税金がかかりませんので。

 

2人目に関しては、特にもったいないなーと思ってしまいます。

もちろん、30歳になる男性が、独身寮にいるというのもあまりよろしくない

というのは分かるし、むしろ、僕の方が特殊な考え方をしているというのは、

自覚はありますけどね(笑)

 

独身寮に関しては、長くても2年程度しか住むことができません。

であるのなら、場所も悪くないわけだし、同棲しなくてはいけない流れになるだとか、

結婚するだとか、海外に行くだとか、転職するだとか、何かの機会がない限り、出る必要はないと僕は思っています。

 

何をやるにしても、お金は必要ですし、

生活が楽しいか楽しくないかって、どこに住むかというよりも、

結局は、自分次第ですよね。であるのなら、使える権利があるのであれば、

それを使い切り、自分の糧とするのが正しい選択かなと。

 

サラリーマンであるうちは、サラリーマンであることによって得られる特権は

できる限り使うべきだという考えが最近は強くなってきてます。

 

こういった福利厚生制度にしても、独立したり、ベンチャー系の会社で働いた場合は、

やはり少なくなります。人生長いので、この2年ぐらいのちょっとした選択で、

少しでも人生を良くできるのであれば、そっちの選択をしたいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪