glasses-272399_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今週も何とか水曜日まで来ました。

来週の月曜日まで、今日入れて後4日。

何とか気合入れて頑張りたいと思います。

というか、最近、会議多すぎです。笑

自分の仕事ができない~笑

 

インプットとアウトプット。

これは、仕事をする時において、常に意識していかなければならないことですが、

不動産投資においても、もちろんインプットとアウトプットはあります。

 

インプットは、書籍、セミナー、懇親会等のどちらかといえば、

知識を取り入れるものであったり、集会に参加すること。

懇親会は、アウトプット的な要素も持ち合わせているとは思いますが。

 

そして、アウトプット。

それは、実際、不動産を見に行って自分で判断をすること。

不動産を購入すること。賃貸経営を実際行ってみること等々でしょう。

 

賃貸経営と広義な言葉で言ってしまいましたが、実際は、

入居者募集であったり、リフォームであったり、滞納対応、

トラブル対応等々、言いだしたらきりがないのが賃貸経営です。

 

そして、このインプットとアウトプットどちらが大事かと言えば、

僕は、不動産投資においては、まずやってみること。

これが一番なのかなーと思います。

 

もちろん、知識ゼロの状態で始めてしまっては、仲介業者のカモにされてしまうので、

本を10冊程度は読んでからという意味ですよ。

この10冊で十分といえるかどうかは、議論の余地はありですけどね。。。

 

なぜなら、やっぱり自分で感じて、体験して、対応したことっていうのが、

一番自分の中に残りますし、やってみて初めて分かることって多いです。

 

例えば、入居者募集にしても、自分の物件をどうアピールするのか?

ということに気を使っていたら、物件の概要を実はあまり知らないことに気付き、

地元の不動産屋が求めているような情報が伝えられなかったり。

 

リフォームにしても、その地域にはその地域のクロスの相場があり、

また、職人ごとに腕が異なり、仕上がりが変わってきます。

こういったことは、実際にその業者を使ってみなければわかりませんし、

自分で必死になって調べてみてからこそ、自分の中に知識として内在されるわけです。

 

ということで、まずは、やってみること、それが僕の持論です。

 

といっても、僕みたいにいきなり億円を超えるようなローンを背負うのは

得策ではないです。自分でやっておいてなんですが。笑

 

王道は、自分のキャッシュで購入できる程度の物件。

もしくは、借入をするにしても、数百万円ですむ規模のものを購入することでしょう。

 

これに関しては、僕も異議はありません。

 

結構、知識だけはすごいのに、なかなか一歩を踏み出す勇気が出ない方が

多いなというのが感想です。

 

それを否定はしませんが、最終的に自分が後悔しない選択をしてほしいものです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪