balloon-413164_1280

 

みなさんおはようございます。

 

昨日は、中目黒で夜桜を見てからの、新宿のみ、

金曜日も新宿での飲みだったので、最近新宿に行くことが多くなりました。

ただ、渋谷歴が長いので、やっぱり新宿よりも渋谷に愛着はありますね。。。

今後、会社の寮を出た後に、また活動拠点は変わるんでしょうけどね。

 

日本帰国時は、毎週1件は不動産を見て回るということを目標にしていましたが、

先月は、色んな事が重なり、2,3週間ほど物件調査をさぼっていました。

 

とはいえ、後半年もしたら、資金的には1棟マンション購入が可能になります。

ということで、そろそろ再開しないとなーと思い、昨日の午後、

物件調査時、調査前にどういったことを注意し、調査をしなければならないのか?

ということを改めて復習していました。

 

こういった定期的にやることに関しては、自分なりのルールを作成して

行うのが一番効率がいいと僕は思っています。ということで、自分のルールを

作成しようと考えているのですが、いかんせん見るべきポイントが多いので、

簡単に作成とはいきません。

 

でも、来週中には一旦、ルールを作成し、再来週あたりからは、

そのルールにのっとって、どんどん不動産を見て回りたいと思っています。

 

具体的にまとめようと思っているのは、主に以下のようなことです。

 

  1. 土地評価の手順
  2. 物件稼働力の調査方法
  3. 現地での物件調査の手法、チェックポイントとしての項目
  4. マイソクをもらった段階でのスクリーニング

 

とまぁ、こんな感じなんですが、自分なりのチェックシートを作ろうかと思っています。

基本的に、A(優)、B(普)、C(劣)の3レベルの評価に分けて項目ごとに

評価できるものを作成しようと思っていますが、中には、そういった形での

評価ができないものもあります。

 

例えば、物件の稼働力を調べる際に、最寄り駅の1日利用者数であったり、

その地域での敷金・礼金の慣例であったり、駅前の不動産屋の込みぐらいであったり、

等々、定性的でしか測れないものもあります。

 

おそらく、作成するには結構な時間を要すると思いますが、

一旦作成してしまえば、それが1つの武器になります。

 

次に、購入する物件は、僕の人生にかなり大きな影響を与えます。

それがわかっているので、かなり慎重に進めているつもりですが、

僕も人間なので、大事な部分を見落としてしまうこともあるかもしれません。

 

そんなとき、じっくり考えて作ったチェックシートのようなものがあれば、

リスクは軽減することができます。

 

なんか、会社でいう投資承認申請書みたいなものですね。笑

 

会社では、回付されたときにちょっと他人事で見てしまう部分も正直

ありますが、自分のこととなると、気の入り具合がかなり違ってきます。

 

と、ちょっと計画を話させてもらいました。

 

総合デベロッパーへの転職活動、1棟マンション購入、今年は色々忙しくなりそうですが、

なんとか良い方向に向かっていければと思います。

 

まさに挑戦の年ですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪