blogging-336376_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今日は、意外と寒かったですね。

コートなしでいったのが完全に失敗でした。

とはいえ、週末には20度以上になり、春ももうすぐで到来。

今週末はほぼ外出なので、桜の1つでも見れれば嬉しいんですけどね。

 

昨日、僕が勤めている会社の子会社の方より電話があり、

消費税及び源泉徴収税についての質問を受けました。

 

細かい内容は、この記事の趣旨から外れているので申し上げませんが、

僕だけでは対処できない結構グレーゾーンの問題だったので、

税務部という税務を専門に取り扱っている部署の消費税担当者に、

質問をし、回答を得ました。

 

それを受け、僕の方から直接、その質問をいただいた子会社の担当者の方へ

電話をし、何とか事なきを得ました。

 

その後、メールで、その方から、大変助かりました。

モヤモヤしていたのがすっきりしましたとメールがありました。

 

僕の今の仕事上、エクセル等での集計業務がメインになるので、

こういった感謝される仕事はそこまでなく、どちらかといえば、

やって当たり前、ミスしたら怒られる的な仕事なので、

こういったメールを見て幸せになったと同時に、仕事って本来こうあるべきだよなー

とはっと気づかされた瞬間でもありました。

 

この仕事というのは、サラリーマンとしてやる仕事に限りません。

僕たち、不動産投資家が行っている不動産経営も同じです。

 

誰から感謝されるのか?

 

入居者さんが基本となると思いますが、

賃貸管理の方であったり、リフォーム業者の方であったり、

不動産仲間であったり、色々感謝される対象はあるので、

限る必要はないと思います。

 

関わる方々がより仕事がしやすく、より快適になる環境づくり、

これができれば、感謝されるサークルは作れるかと思います。

 

あとは、どういう風に伝えるか?どういう態度で伝えるのか?

といったコミュニケーション能力がモノを言うのだと思います。

 

なにはともあれ、僕が今日言いたかったことは、感謝される仕事をすべし

ということです。

 

もちろん、ビジネスなので、経済性も考えなければいけません。

しかし、経済性ばっかり考えて、利害関係者の事情は全く考慮しない

というスタイルは、結局最終的には、仕事から得られる幸福度であったり、

金銭面にもしかり、損をすることが多いと僕は思います。

 

経済性も考えながら、入居者の方にとって、どういった部屋が住みやすいのか?

賃貸管理会社の方が、自分の物件を広告するときには、どういった情報を

上げた方が、仕事がやりやすくなるのか?

 

こういったことですよね。

 

結局、仕事ってすべてつながっているような気がしてます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪