accounting-57284_640

 

みなさんおはようございます。

 

今日からまた1週間が始まりますね。

3月も今週で終わりですが・・・早いですね。

4月からの新年度の前の週。しっかり、締めていきたいと思います。

 

昨日は、大分伸びてしまいましたが、お世話になっている税理士の方と

久々にお会いしました。ビジネスも順調に推移しているらしく、

忙しそうな印象を持ちました。

 

昨日お会いした目的としては、中国の時に提出してくださった確定申告書の

原本の引き渡しと、資産管理会社を設立に関してでした。

 

もともとの計画では、今年1棟マンションを購入し、

その後、節税対策のために、資産管理会社を設立するという想定でいました。

 

しかし、最近思い始めたのが、このまま個人事業主の方が、

法人住民税7万円もかかりませんし、何より面倒くさい契約書管理をする必要も

なくなるということで、大分楽だなーということです。

 

この話を、税理士の方にしたところ、確かにそうですという話をしていました。

 

今後の融資のために、僕個人が所有している不動産を資産管理会社に売却する

ことによって、法人としての所得が生まれ、法人として融資を受けることができる。

 

これが法人設立の目的ではあります。

 

しかし、次の不動産を購入したのちは、しばらくは不動産の購入は控えようかなと

思っています。繰上返済等によって、財務健全化を図り、月々のキャッシュフローで

50万円程度まで水準を上げることができれば、もう無理をする必要はないかなとも

思っています。

 

また、仮に、今後不動産を新たに購入するとしても、個人として融資を受けることは

可能だとわかっています。

 

銀行によって、融資可能金額の計算方法は異なりますが、

一般的には、年収×10倍です。

 

1億円程度の不動産を購入した場合、700万円~800万円の家賃収入が増えます。

そうすると、それに10倍をかけた金額分、融資枠が増えるわけなので、

7000万円~8000万円は融資枠が広がるというわけです。

 

といことで、それを実際使うかどうかは別として、

融資枠に関しては、あまり大きな心配はしていません。

 

とにもかくにも、次に購入する物件次第です。

ここで良い物件を購入することができれば、間違いなく人生大きく変わります。

 

自分の自己満足だけで法人を設立するということは、やめます。

確かに、昔から自分の会社を持ちたいとは思ってはいたんですけど、

それによって、メリットを上回る無駄なコストと時間が発生するのであれば、

やめるべきです。

 

そんなことを、昨日の税理士の方との会話を通じて感じました。

皆さんの中にも、資産管理会社を設立したいという方はいるかと思いますが、

メリットとデメリットをしっかり見極めるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪