london-241796_1280

 

みなさんおはようございます。

 

今週も水曜日、もう今週の仕事も終わったようなもんですw

なんて超ポジティブシンキングをしてみました。

昨日は、会社の給与支給日だったんですが、所得税が大分ひかれていることに

がっかりしました。海外の時はなかったので、やっぱり税金で高いなー

なんてなおさら感じてしまいました。

 

今日、普段から非常にお世話になっている不動産コンサルタントの方から

電話がありました。その方は忙しい方なのと、僕が忙しいからと気を使って、

仕事中は電話をしてこないので、着信が入った時は驚いたのですが、

全然大したことない話でしたw

 

内容は、僕が作成した銀行ごとの金利、融資期間、対象物件のキャッシュフロー、

管理費修繕積立金、そして最終的なキャッシュ手残り金額を一つの表にしてものが

ほしいとのことでした。

 

この表、僕が自分で作成したものなのですが、その方にとっては、

良い表に見えたのでしょうか、今後はその表を使って新人投資家の育成を

するとのことです。

 

経理の仕事は表を作成することが多いので、こういった表の作成は、

どちらかといえば僕の得意とする部分です。

 

得意とする分野で、お役に立てるのは非常にうれしいです。

 

僕は物事はできる限り数値化した方が、目標は格段に達成しやすくなると

確信しています。これは、色んな本でも書かれている通りですが、

僕自身の実体験から思うことです。

 

その目標を分かりやすくするためには、綺麗な表があった方が、

絶対にいいわけです。何が書いてあるのかわからないぐちゃぐちゃな表よりも、

一覧すればわかる表の方がいいのは分かると思います。

 

昔何かの本で読んだことがあるのですが、

ある時、2人の人がいたそうです。

 

湖を渡るために、丸太を渡され、早く向かい側の岸についた方が勝ちという状況の中で、

1人は、いかだ作成時間を短縮し、すぐに出発し、もう1人は、しっかりした、

早いいかだを、時間をかけて作りました。

 

結果、前者はスタートこそ早かったものの、後者が作成した基盤のしっかりした早い

いかだに最終的に抜かれ、後者が勝ちました。という話なんですが、

この話、僕は本質を映し出しているなーと思います。

 

最初の準備を怠ったものは、最初の準備をしっかり行ったものに、

最終的には抜かれる。

 

不動産投資でいえば、まずは、自分の資産状況、財政状態を正確に把握する表を

作成する。これは絶対に必要な準備です。

 

ですが、この準備を怠る方、実は結構います。

大体で、数字を把握してしまう。

 

小規模な時はそれでもいいかもしれませんが、

ビジネスが大きくなってくると、絶対にひずみがでてきます。

 

なんやかんや、やっぱり最初の精神であったり、準備ってのいうは大事なんです。

 

ということで、今日は不動産投資において、管理表を完備することの

重要性についてお伝えさせていただきました。

 

みなさんも、ぜひ管理表のようなものを作成してみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪