man-272679_1280

 

みなさんおはようございます。

 

一昨日、ちょっと普通の人が考えるリスクというのにはっと気づかされました。

不動産投資をやっていると、億円規模の融資を受けるのが稀ではなく、

いったん、その世界に入ってしまうと、普通の人と比べて、感覚が異なり始めてしまいます。

 

基本的に、不動産投資に関しては、拡大路線で進めている僕ですが、

実は、安定路線というのも、たまに頭にちらつきます。

 

この話、皆さんにもぜひ考えていただきたいので、実状をお話しします。

 

僕は現在、1億円程度の1棟マンション購入に向けて、準備を進めています。

購入にあたっては、1億円の7%程度の手数料、そして頭金として、

不動産価格の1.5割程度と考えています。

残りの8,500万円程度は融資を受ける計画です。

 

ですが、この金額を支払った後に、何かトラブル等起こる可能性もあるので、

リスクヘッジとして、1棟マンション購入後にも700万円は手元所有するという

どちらかといえば、余裕を持たせた資金計画で進めています。

 

でも、安定路線で考えた場合、上記の自分で支払う部分及び手元余裕資金を、

もう1つのローン全額返済に回すことも可能です。

 

もし5つあるうちの2つのローンを全額返済した場合は、

もともと1億5千万円弱あったローンは、7,000万円強になります。

そして、その時はまだ30歳になったばかりのころ。十分な人生といえば、十分かなーなんて考えたりもします。

7,000万円であれば、一般の方でも、ちょっといい家を購入する際に考えられる融資の額まで下がりますし、

僕の場合は、お金が入ってくる資産なわけですからね。

 

ローン全額返済することにより9万円程度の返済がなくなるので、

経費や固定資産税は全く変わらない状態で、キャッシュインがその分増えます。

 

月々の純粋なキャッシュインとしては30万円程度になり、

仮に、5つあるうち、3つの部屋が空室になったとしても、

持ち出しが5,6万円と、かなり安定運営になります。

 

また、所有物件の立地的に3つ同時に空室になる可能性はかなり低いので、

事実上、最悪のケースっていうのはほぼゼロで考えられます。プレッシャーは

ほぼゼロですね。w

 

不動産投資は人生を幸せに生きるために始めたことです。

1棟マンションを購入して、精神的にも、経済的にも、そしてライフプラン的にも、

自分の人生にとって損をもたらすようなことがあれば、

それはやるべきではないと思ってはいます。

自分で自分の首を絞めるようなことはあってはいけません。

 

一昨日、たまたまこういったことを考える機会がありましたが、

こういった安定路線もあるんだよと考えるいい機会になりました。

1棟マンションを購入しなきゃいけないと自分で焦り、

悪い物件をつかまされるのであれば、購入はしなくていいと思うようになりました。

 

もちろん、すべてを諦めたわけではありません。

ですが、ちょっと立ち止まって考える、今の自分には

その時間が大切なのかもとちょっと気づかされました。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪