finance-586410_1280   みなさんおはようございます。

昨日は、北京駐在時に知り合った中国人の友人が日本に旅行に来ている ということで、一緒に飲みに行きました。

北京から帰国してから、 今日でちょうど1か月が経ちましたが、大分前のことのように感じます。

その友人と話していてなおさら北京時代の生活が幻想のようになった昨日の飲みでした。

5つの銀行から借りているローンのうち、1つのローンを完済した話は、 このブログでもしましたが、

1月末に、実際全額返済が完了し、現在、 抵当権抹消登記の手続きが進んでいます。

抵当権抹消登記が完了して、僕的にはすべてが終わったという認識なので、 まだ全額返済は終了していないと思いこむようにしています。

(最後まで気を抜かないように)   この抵当権抹消登記なんですが、この抹消登記自体の手数料はたった1,000円なので、 それほど大きな影響はないのですが、この登記を司法書士に委託することによって 発生する登記代行手数料が意外と高いということを当初聞かされていました。

手続きを進めてくださった銀行員によると、3万円~5万円かかるといわれたときは、 え?と思いました。   絶対額自体、高いなーと思ったのもあるんですが、 それよりも、そこまで複雑な手続きが必要でもないのに、任せる人によって、 2万円も違ってくるという部分です。

この部分だけ、その場で銀行員に確認してもらったところ、 正しくは3万円前後ということで、安心したのを覚えています。   それから1か月弱があり、今週の半ば、司法書士より僕の携帯に連絡がありました。

本人確認のための電話だったのですが、その際に、今回の手続きにかかる 司法書士手数料も教えてくれて、結果は、19,000円程度ということでした。

もともと、3万円前後だと聞いていたので、なんとなく得した気分でしたw それで、後悔したのがその時、全く値切らなかったことです。   一瞬、得した気分になってしまったので、ハングリー精神をなくしてしまいました。 おそらく値切ればあと2,3千円は値切れたと思ってますが、まあよしとしましょう。 (と、悔しいので、自分に言い聞かせてるだけですw)

合計額は、抵当抹消登記の登記代も含めて、2万円ということです。 高いような安いような、どっちの気分もしますが、おそらく来週中には 抹消登記は完了する感じでした。   全額返済まであと1週間。そこで、初めて達成感を感じたいと思います。 その日ぐらいは、毎日500円程度のディナーをグレードアップして、 1000円レベルに上げてもいいかなと思ってますw

ということで、この件、すべて手続きが終わって、 抵当権抹消後の登記簿が僕の手元に届いたらまたみなさんに、 感じたことシェアしますね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪