torres-del-paine-303400_1280

 

みなさんこんにちは。

 

昨日でやっと1週間が終わりました。

仕事が忙しいせいか本当にあっという間ですね。

でも、仕事がないよりかは忙しいと思ってしまう自分は、

やっぱり仕事人間なんでしょうか?ww

今週末は、2連続で歓迎会が入っているので、楽しみたいと思います。

 

昨日金曜日、それぞれ別の管理会社に、ちょっとした管理に関する

抗議を行いました。

 

この件、海外在住の時も思ってはいたのですが、

海外在住ということで、通常よりもお世話になっている状態で、

言いにくかった部分があり、抑えていました。

 

昨日抗議したことは、2つあります。

 

まずは、消費税3%アップに関する、管理費増額についてです。

A管理会社からの11月からの入金額が600円程度減額されていたのですが、

中国にいたときは、何だろうと思いながら、見ていました。

 

昨日、直接賃貸管理会社に電話をかけてみると、なにやら、

10月までは、会社の方で管理費にかかる消費税を負担していたが、

11月からは、今まで会社の方で負担していた消費税を大家へ転嫁する

方針になり、その分、家賃を減額したということでした。

 

この会社の考えでは、今まで大家が負担していた消費税は0%であり、

今回の消費税転嫁に伴い、管理費に8%をかけた数値を負担させることにしたそうです。

 

でも、そもそも、今までの家賃に本当に消費税は含まれていなかったのか?

というところに疑問を持ったので、その会社との管理委託契約書を見たところ、

消費税に対する記載はありませんでした。

 

つまり、今までの管理費に対して消費税をかかっていたともとれるし、

かかっていなかったともとれるという非常にあいまいな状態です。

 

僕としては、今まで消費税5%は支払っていたと解釈するのが、

正しく。したがって今回、管理費を増額させるのは8%ではなくて、

3%だという主張をしました。

 

この主張によって、369円程度管理費が浮きます。

一年にしたら、4,500円程度ではありますが、賃貸経営だけで見ると、

無視できる数字ではありません。

 

こういった小さい経費カットをやっていかないと、

気づいたら塵も積もれば山となる、つまり、無駄な経費が増加していき、

整理に相当時間がかかる羽目になります。

 

であるのなら、無駄だと思った時点で、その費用をカットする。

しかも、全力で短期間の間に。

 

まさに思い立ったら吉日であり、人間やろうと思った時にやらないと、

必ず忘れます。そして、その後は、また違う案件が出てきて、

対応できなくなり、無駄なコストであったかどうかもどうでもよくなってしまいます。

 

結果的に、369円分、管理費を減額してくれることになります。

自分でエクセルを使って、計算方法を示したのが効きましたね。

 

やっぱり、受け身じゃダメです。

能動的になって問題って初めて解決できるんだなということを、

改めて感じた1日でした。

 

もう1つの抗議事項に関しては、昨日時点でまだかいけつしてないので、

また明日のブログで皆さんにお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪