bathroom-389262_1280

 

みなさんこんにちは。

 

とうとう今日から、決算の本番という本番が始まります。

この3日間、人を介した引継ぎはなく、引継書を読んで、自分で

解釈し、検証するという作業をしていたのですが、

その作業を実際今日から実践で行います。

本社での仕事、まだ慣れませんが、若干ワクワク感があります。

この気持ちは大切にし、厳しくも、楽しみながら仕事をしたいと思います。

 

昨日の夜、僕が中国に行っていた際にお世話になった賃貸管理の方から、

僕の携帯の方に連絡がありました。帰国後の日程が過密気味のため、

まだご挨拶に行けていないのですが、僕が帰国していたのはご存じだったようで、

連絡をしていただいたとのこと。

 

この方自体はいい方なんですが、電話がかかってくるときは、

十中八九悪い話です、で返答としては、「で、今日の悪い話はなんですか?」

と第一声がそれかと自分でも思いましたが、やはり、悪い話でしたw

 

でも、昨日の話はどちらかといえば、軽い話でした。

 

内容としては、先月12月、お風呂場の鏡の裏から錆のようなものが流れてくるので、

どうにかしてほしいとクレームが来たとのこと。

 

僕が不在中、さすがに大きな工事をするというわけには

いかないと思ったので、クラシアンに応急措置をしてもらったらしいのです。

応急措置というのは、その錆の上からコーティングを施すというものでした。

 

業者の方曰く、それがいつまでもつかわからないとのこと。

半年間かもしれないし、1年間かもしれないし、5年間もしれない、

そんな無責任な発言をしていたらしいのですが、それも当然。

費用はたったの7,500円程度で済んだらしいのです。

 

値段を言われる前は、どうせまた5万とかいくんだろうと

若干自暴自棄になってましたがw

なんとか、安い金額でおさえていただいたとのことでした。

 

実は、この物件のユニットバス、いつも空室時に、交換したらどうですか?

と言われます。確かに古い浴室ではありますが、交換となると話は違います。

 

ユニットバスを交換した場合、普通にいけば50万円~60万円します。

それに見合う、家賃アップがあるのであれば、ユニットバスを交換しても、

募集家賃はいじれないと思います。いじれたとしても数千円。

回収まで数十年かかるので、投資としては非効率です。

 

ということで、ここまで逃げてきているのですが、

将来心配している1つの問題ではあります。

 

入居者のことを考えると、交換してあげるべきなのは間違いありませんが、

僕が投資家なので、どうしても、利回りで考えてしまいます。

 

この物件だけでなく、浴室というのは比較的劣化が早いですし、

生活の基盤になる大事な場所なので、今後どう対応していこうかなと

意識させられました。

 

コスト削減策としては、やはりDIY力の向上なんでしょうね。

まだ、リフォームをしている最中の現場にはいったことはないので、

そういったところから始めてみようとは思っています。

 

みなさんは、老朽化したユニットバスをどのようにして、

立て直していきますか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪