みなさんおはようございます。

 

今日は本社出社日の初日です。

久々の本社出勤なので、若干緊張していますが、

この緊張感も今日だけだと思うのでw

今日という日を楽しみたいと思います。

そして、まずは四半期決算、ブランクはありますが、

これを乗り切りたいと思います。

 

今日は、ちょっとニッチな分野ですが、

物件を購入した際に行う必要がある、所有者変更手続き

についてお話ししたいと思います。

 

もちろん、登記の書き換えは必要になりますが、

それ以外でということで、ご参照下さい。

 

  1. 入居者へ変更通知者の送付
  2. 仲介業者にフォーマットを作ってもらうようにして下さい。

     

    家賃入金先口座は以下3つ

    a. 不動産管理会社の口座(一番オススメ(自分の口座に入るのは管理費控除後))

    b. 個人の口座

    c. 法人の口座

     

    ・現在の入居者の賃貸借契約は、契約の蒔き直し(作り直し)をせずとも

    そのままオーナーに引き継がれるのが通常です。

    更新の必要がある場合は、更新日の時に、契約書を更新するようにして下さい。

     

  3. 不動産管理会社の変更手続き
  4.  

  5. 電気・水道等ライフラインの変更手続き
  6. 区分所有なら関係ないですが、アパート一棟買いなら必要になります。

     

  7. 滞納保証の加入手続き(24ヶ月〜48ヶ月)
  8. これでほとんど滞納に関する心配はなくなります。

    →前オーナーに協力を要請し、滞納履歴のないことがわかる書類

    (家賃の振込履歴等)を入手し、滞納保証会社に審査を依頼するようにして下さい。

     

  9. 空室の場合は、客付け依頼
  10.  

  11. マンション管理組合への連絡(区分所有の場合)

 

いかがでしょうか?

 

登記以外にも、物件購入に伴い行う必要がある諸々の手続きについて、

ご理解いただいたと思います。

 

是非今日この機会に、頭の片隅にでも入れておいて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪