office-515984_1280

 

みなさんおはようございます。

 

昨日は、ほぼ1日中、家で寝ていたので、

一昨日の送別会のダメージも大分和らぎました。

といっても、まだ若干残っており、どんだけ飲んだんだよって、思ってしまいます。

今日は、中国の友人との最終ランチがあるので、楽しんできたいと思います。

 

昨日は、あいた時間を使って、12月23日に放送された田中投手、

ダルビッシュ投手、工藤監督の野球対談を見ました。

 

感想としては、あれだけ一流の先週になると、やはり、色々考えているなと。

それに加え、思ったことは、こだわりを持っているということでした。

 

野球であれば、外角低めへのコントロールだったら負けない、

スプリットだったら誰にも負けないキレ、コントロールがある。

ストレートの速さだったら負けない。等々

 

そういったこだわりを持っていることが、その先週の個性につながり、

プロの選手としては生きていくための1つの生命線になっていくのでしょう。

 

そして、このこだわり。

僕は不動産投資においても、大いに持っていくべきだと思っています。

 

以前、不動産投資人気ブロガーの必殺大家人さんに電話相談をした際、

成功する条件として必要なものとして「誰にも負けない分野」を持つということでした。

これは行ってみれば、自分が不動産投資に対して持っている「こだわり」の分野

ということができると思います。

 

必殺大家人さんであれば、訴訟関連の知識、経験が武器だとおっしゃっていましたが、

必殺大家人さんの不動産投資仲間で、公認会計士の試験には受からなかったけど、

会計事務所で勤務し、お金回りの知識は誰にも負けないという大家の方、

保険会社で務めていて、保険関係の知識は負けないという方もいるという、

1つの例を教えてもらいました。

 

それと、必殺大家人さんは、もう1つ付け加えていました。

それは、サラリーマンとしては2流であっても、不動産業会では、

それが武器になることもあると。

 

僕は、経歴的には、入社以来ずっと経理部で働き続け、

現在の、ファイナンシャルプランナーの勉強をしているので、

お金回りの知識を自分のこだわりの分野としようと考えています。

 

ただ、僕の場合、経験があまりありません。

知識はファイナンシャルプランナーで勉強できますが、

個人の方に、税務相談や、相続相談をするという機会は、今の仕事ではないので、

経験を積むことができません。

 

それが、今のちょっとした悩みです。

 

そういった意味で、仕事上、そのこだわりの分野が直接経験できる

職種で働いていた場合、知識だけでなく、経験も積み上がっていくので、

こだわりの分野になりやすいですよね。

 

と今日言いたかったのは、不動産投資家として生き残っていくためには、

もちろん、不動産に関する一般的知識は持っていることは必要ですが、

それに加え、何か1つでも、誰にも負けない分野を持つということです。

 

そして、その負けない分野というのは、サラリーマンとして2流であっても、

大家の中では十分武器になる可能性もあるということなので、

今自分が行なっている仕事、将来の自分が生きたい方向性というのを考えながら、

自分自身で武器を作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪