joy-233380_1280

 

みなさんおはようございます。

 

昨日、ローンを借りている銀行に連絡をし、

僕が帰国した日に全額返済をしたいという話をしたところ、快諾を受けました。

というのも、どんなに早い便で帰国しても、成田に着くのが12:50で、そこから銀行に着くのが、

早くて15:00ジャストぐらいになるので、営業時間に間に合わない可能性があります。

そこで、営業時間外に手続きをすることが可能かというお願いをしたわけです。

 

全額返済をするのはもちろん初めてだったので、

もともとは、現金を窓口に持って行って、現金決済するイメージをしていました。

 

でも、実際は、当日窓口でする手続きというのは、

全額繰上返済の申請フォームの記入、抵当権抹消登記申請の手続き依頼、

あと、全額売上返済手数料の支払い等々であって、

実際の決済は、毎月ローン返済を行っている月末の指定日に、

インターネット上で行うということでした。

 

正直、1月上旬時点では、キャッシュフローが若干ギリギリだったので、

実際の決済日は月末と聞いて、少し安心しました。

 

しかし、抵当権抹消登記の費用が意外とかさむことが分かりました。

抹消登記自体は1筆1,000円と公的に決まっているので、

大した金額ではないのですが、司法書士への手数料が、

たいした作業でもないのに30,000円もかかるらしいのです。

 

それプラス、全額繰上返済手数料が5,000円くらいかかったので、

全額繰上返済と言っても、それをするための費用はゼロじゃないんだな

と知りました。

 

また、手続き当日に必要なものは、銀行手帳、銀行に届けている印鑑、

運転免許証の3点のみであり、意外と求められるものは少ないんだなと。。。

 

投資ローンを少しずつ一部繰上返済すると、

銀行にとっては、せっかく審査して貸出したのに、

受取る金利が少なくなるので、どちらかといえば、ネガティブなことです。

 

一部繰上返済でさえ、銀行との関係性が悪くなると言われているのに、

ましてや、全額繰上返済なんかした際には、その銀行とは付き合えなくなるでしょう。

 

ということで、この銀行とは今後付き合いにくくなると思いますが、

それよりも、全額繰上返済することによって得られるメリットの方が、

断然高いと判断したので、こういった決断をして、この2年間集中して

お金を貯めていました。

 

来年からは、この2年間ほどの節約生活はしないつもりです。

2年間という限定つきでやってみましたが、やってみればできるもんだな

と感じた部分もあると言えばありますが、全てにおいてお金の事を考えて

動くというのは、心が貧しくなってしまうな―ト思いました。

 

お金は貯まっていく代わりに、心はどんどん貧しくなっていくような

感覚はまた必要性がある時にはやりますが、ここまで過度な節約生活は、

できればもうしたくないですねww

 

来年は本当に勝負の年です。

節約に使ったパワーを、来年は物件探し、優遇金利獲得に

使いたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪