london-123724_1280

 

みなさんおはようございます。

 

昨日は久々に、ベトナム料理を食べたのですが、

お店の雰囲気も良く、料理も非常に美味しく、久々にあった友人との

会話も楽しく、非常に充実した夜を過ごすことができました。

明日から12月が始まるわけですが、正真正銘北京での時間も残り1ヶ月

というのを意識せざるを得ない状況になってきました。

寂しいですが、最後だからといって気を抜かず、やることを最大限やって、

北京を去りたいと思います。

 

さて、昨日、ベトナム料理に行ったのですが、

店内の席数としては、大体70人位が座れる程度の規模でしたが、

上記で申し上げたように、雰囲気も良く、料理も美味しいいいお店でした。

 

しかし、昨日は土曜日の夜という、人が一番来る時期だというにも関わらず、

8時を回った頃には、僕たち2人しかいないという、ちょっと不思議な状況でしたw

 

一番お客さんがいた7時ごろでも、僕たち含めて3組しかお客がいず、

こんないいお店なのに、なんでかなーとずっと不思議に思っていました。

 

まず、1つの理由としては、昨日は空気が悪く、PM2.5の数値も400を超えており、

かつ、雨がぱらついていて、しかも、ここ最近で、かなり寒い気候でした。

そういったこともあり、そもそも外を出歩く人が少なかったということは言えます。

 

しかし、それにしても・・・です。

 

僕は、一番の要因は立地だと思いました。

最寄駅から10分以上歩き、しかも、わかりにくい場所にある。

しかも、これといって宣伝もしていない。

 

これでは、どんなにいい店であっても、お客が見つけられるはずないですよね?

 

飲食店というのは、僕は前々から不動産経営と似ている部分が多いなと感じています。

もちろん、そのお店の料理の質であったり、人と人とが接する機会が多いので、

店長や店員の態度というのも非常に重要です。

 

しかし、その前に考えなければいけないこと、それはどこにお店を置くのか?

ということです。

 

どんなにいいお店であっても、

立地がよくない、しかも宣伝もしないのであれば、

誰にも気づかれずに終わってしまいます。

 

こういった場所を必要とするサービス業は、何をするにも、

まずは、どこにお店を構えるかということを考えなくてはいけません。

 

この立地が一番重要というのは、常常申し上げています。

 

僕は、不動産を購入する際に、まずは立地を考えて購入します。

これは、以前もそして今後も変わらない、僕の物件選定の軸です。

 

立地が良ければ、最悪、家賃を下げればどうにかなります。

しかし、立地が悪くそもそも賃貸需要がない土地に不動産を所有してしまうと、

今の日本では、将来の不動産経営が難しくなることは見えています。

 

昨日行った、料理の質、店員のサービスの質が問題ないのに、

お客が全然来ないということが発生しないように、

みなさんも、不動産を購入する際には、まず立地を考えて、

購入するようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪