personal-95714_1280

 

みなさんおはようございます。

 

昨日、とうとう消費税増税の延期が正式に表明されましたね。

来年、不動産購入をしようと考えている僕にとっては、

このニュース吉とでるか凶とでるか、100%断定できませんが、

今の状況的に更なる円安が進み、外国からの投資が増え、

不動産価格が更にあがるような予感がしています。

タイミング的には、あまり宜しくない感じになってきました・・・

 

上記のような、来年の不動産市況に左右するような

ニュースが流れた昨日、家でコツコツと来年、再来年の

資金計画を立てていました。

 

帰国後の残業代であったり、来年計画通り1棟マンションをを購入できたとしても、

どの程度の利回りのものが購入ができるか不明など、

不確定な要素はありますが、最低限のレベルという想定で、

作成してみました。

 

そうすると、驚いたことに、

一番貯金ができるのは今年だと判明しました。

 

もう1年が終わろうとしている時に、気づいた話ではありますが、

来年、再来年の計画をどんだけポジティブに作成しても、

今年の貯金額には満たないので、ライフ設計を考えると、

もしかしたら、今年が、人生で一番貯金をした年になるかもしれません。w

 

中国滞在時は、日本と比べて生活費が激減したこと。

また、残業をしなくても、一定の駐在手当がもらえること、

最近の円安を受け、今年年初の為替レートで人民元をもらっていること

の恩恵等々が重なり、こういった結果になっています。

 

僕の現在の心境としては、一部、今年年初建てた貯金目標は、

ほぼ8割方達成できそうだということで、ちょっと財布のひもを

ゆるめようかなと思っていたのですが、この消費税増税の延期、

そして、今年ほど貯金できる年は今後ないかもしれない。

ということを考えて、今年は、出来る限り貯金をするという

原点に戻ることが出来ました。

 

人間、いい時には、もう十分いいんだし、

これ以上頑張る必要ないでしょ。

 

逆に、悪い時は、今年は悪いなー

どうしよう。と諦めたり。

 

考えてしまいがちですが、

それでは、トータルで見ると、

損になります。

(考えてみれば分かる事ではありますがw)

 

必殺大家人さんのブログにも書いてありましたが、

不動産投資を成功させるための1つの要素が、

倹約できるかどうかです。

 

必要な支出まで削る必要はありませんが、

無駄な支出を削らなければなりません。

 

そして、その無駄な支出というのは、

キャッシュフローがうまく回っている時ほど、

発生しやすいのが事実です。

 

将来的に、不動産収入で、経済的自由を得るという

規模まで不動産収入を拡大していくためには、

こういった一般の人がやりたがらないことを、

コツコツやっていくことが重要です。

 

また、キャッシュフローが悪い時。

空室が続いてキャッシュフローが赤字、

想定外の大規模なリフォームが発生した等々。

 

そういった時って、「もういいや」って投げやりになって

しまいがちなんですが、そういう時こそ、

賃貸管理会社の方とこまめに連絡を取って、

早めに空室を埋める努力を高めたり、

リフォームのコストをちょっとでもいいから安くする努力

を最大限にして、損失を最小限にすることが、

後に大きな影響を及ぼします。

 

僕も今年は、空室が3回発生したり、

家賃が3万円減額されたり、キャッシュフローがマイナスになる

ニュースが多く、最初にたてた計画すら達成できるかどうか、

不安な時期もありましたが、そういった時に、最大限の努力をし、

結果的には、計画はほぼ達成ということになっています。

 

この話、不動産投資ではなく、何にでも言えることだと思いますが、

良い時こそ、もっと良くできる努力を最大限に、

悪い時こそ、もっと悪くならない努力を最大限にする。

 

こういったメンタルは、成功する不動産投資家の

1つの要素だと僕は確信しています。

 

みなさんはどう思いますか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪