今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

やっと秋っぽい気候になってきましたね。

さすがにここからは30℃越えはないと願いたいので、快適に過ごしていきたいと思います。

日本も四季がどんどんなくなり、秋と冬が短くなっていきそうですね。

 

現在、空室になっている1階の1部屋ですが、相変わらず空室の状態です。

内見は1回/週で入るのですが、1階で、かつ、目の前が一軒家の玄関ということで、景色が良くないということも要因の1つのなっている気もします。

 

色々と対策について考えてはいるのですが、この前申し上げたホームステージングの前に、OYOに家賃査定を依頼してみました。結果は、一応貸し出しは可能ではあるけど、条件がかなり悪く、迷っています。

 

この話を管理会社の担当に伝えたところ、どうやら最近OYOが強気に出てきていて、価格をかなりたたいているようです。僕に提示された家賃条件はほぼほぼ自分がみていた家賃だったものの、なんとフリーレントが3か月も付くというかなり下を見られた条件です。

 

しかも、この条件は3日間の間に限って有効です。その3日間の間に決められない場合は、条件が変更になってしまうこと、サブリース契約が結べない可能性があることご了承下さい的な脅し文句がつけられていました。

 

このような条件が最近のOYOのスタイルらしいです。

つまり、強気姿勢ということです。それだけ、空室に困っている人が多いということなんでしょうね。でも、この条件で認めてしまうような部屋を集めても、OYO自体が入居者を集められるのかちょっと心配になります。

 

ひいては、短期解約になってしまう可能性もあるのではないか?と疑ってしまいます。

であるのなら、ちょっと待ったとしても、通常の入居者を客付することに精力を注いだ方が得策なのかななと、さすがにフリーレント3か月はやりすぎだと思いますので。

 

僕の予想ですが、これだけ部屋を集めたとしても、絶対に運営できない部屋は出てくると思いますが。彼らは、短期違約解約金は契約条項に織り込んでいないので、いつでも解約してくる可能性は十分あります。なので、OYOに貸し出す部屋を増やすリスクはそれなりにあると思っているので、あまりこの流れを利用し過ぎたくないのですが、今回は1階の部屋で決まりにくいことと、来年、再来年と大きな繰り上げ返済を予定しており、それにかこつけて、金利の交渉をすることを考えています。

 

それが成功すれば、資金的には大分余裕ができるので、空室に対する許容度もある程度上がっていくと見込んでおり、今はとにかく目の前の空室を埋めることを重視したいと考えています。

 

ということで、OYOへの賃貸についても、今一度熟考していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪