今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

不動産投資を始めたきっかけがロバートキヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」だという話はよく聞きますが、僕も「金持ち父さん貧乏父さん」に影響を受けて、不動産投資をはじめた一人です。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」では、キャッシュフロークワドラントの右に位置するビジネスオーナーもしくは、投資家になることを推奨されていますが、この視点で今の資金の流れを考えて行きたいと思います。

 

僕は現在、サラリーマン兼不動産投資家の2足のわらじを履いていますが、生活水準は新卒サラリーマンと同じぐらいの生活を続けています。

 

僕も最終的にはビジネスオーナー、投資家に位置する生活を送りたいと考えていますが、その為には、ある程度資本も必要だからです。

 

現在の僕の資金の流れは、サラリーマン収入から生活費及び家賃が差し引かれても、総手取り収入の7割近くは貯蓄が出来ている状況です。投資をしていなかったら、ここまでの貯蓄率にはしていなかったでしょうが、この7割全てを投資に回しています。

 

加えて、不動産からのキャッシュフローもありますが、このキャッシュフローには全く手を付けていない状況です。

 

そうすると、サラリーマン収入の7割+不動産からのキャッシュフローをまるまる貯蓄出来ることになりますが、今は自己資本比率を上げることが急務だと考えているため、この資金は繰上返済に回しています。

 

繰上返済を批判する投資家の方は多いですが、僕は繰上返済は必ず効果が出る投資だと考えています。なぜなら、繰上返済を行えば、金利負担が必ず下がるためです。

 

加えて、繰上返済は毎月の減額返済額を減らすことにより、精神的負荷を下げることもできる、安心料的な意味合いも僕は感じています。

 

僕は、ある程度の自己資本比率を保ちながらの経営でないと、将来的に投資家にはなれないと感じたので、このような保守的な戦略を取っています。

 

この生活をあと2~3年は続けて、サラリーマンから投資家に徐々に移っていきたいと思います。

 

そういう意味で、今の僕にとってはサラリーマン収入は軍資金のようなものです。

この軍資金がなくても、自立できるレベルまで規模拡大をすることができれば、本当に意味で投資家になれると考えていますが、まだ道のりは長いです。

 

来年で35歳になりますが、おそらく37~38歳にかけてが、次のステージにいけるかどうかの勝負になってくると思っているので、今はとにかくお金と知識を貯蓄すること、これに時間を費やしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪