board-361516_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日からまた1週間始まりますが、

今週は木曜日まで、かつ、その後はゴールデンウィークの7連休があるので、気持ち的には大分楽です。そして、今日が終われば仕事は一旦落ち着くので、気を引き締めて臨みたいと思います。

 

今日は久しぶりに資格試験のお話をしたいと思います。

年初にたてた資格取得計画として、6月にCFPの残り1科目合格し、

CFP認定者になり、その後、9月にFP1級の資格取得をするというところまではやると決めていました。

 

CFP資格の受験申し込みが差し迫っており、昨日、受験の申し込みをしました。

今回はライフプラニングの科目という事で、確か6月2週目週末の15:00~だったような気がします。

 

このライフプラニングの試験、今まで受験した6科目の中では、一番厄介だなーと思っています。特に年金の部分、これが面倒です。年金にも、通常に人が受け取る老齢年金もあり、障害認定がされた方が受け取る障害年金もあり、大黒柱がなくなった場合、残された方が受け取る遺族年金があり、結構複雑な仕組みになっています。

 

もう5回りくらい問題を解いても、まだ完全に仕組みを理解して切れていない自分がいます。ただ、少なくともわかるのは、年金といっても、それだけで暮らしていけるほどもらう事は難しいという事です。

 

それに加え、今は65歳から年金をもらうことが出来ますが、その基準年齢が将来的には70歳になった場合、なおさら、年金をもらえるまで厳しい生活になることが予想されます。

 

老後の生活は派手に過ごしたい。のんびり、経済的に余裕がある形で過ごしたいと思っている方は多いとは思いますが、こういった公的年金をあてにするのではなく、

自分自身の経済力でそうなるような仕組みをつくっておく。これは間違いないと思います。

 

その仕組みの1つとして、不動産投資をしておく。

これも良い方法だと思います。僕は25歳から不動産投資を始め、

今現在の借り入れは全てが35年ローンで組ませてもらっていますが、

ローンを全部返済し終わったら、60歳。まだまだ現役の年齢です。

 

今あるローン返済額が全て0になった場合、仮に家賃が20%ぐらい減額になっても、

それだけで全然生活していける規模です。そう考えると、僕の場合は、自分の資産を守るという事をきっちりやっていけば、老後の生活で特に困ることはないだろなと思っています。

 

年金に支払うお金があるくらいなら、そのお金を全て繰上返済に充てたいのですが、

これって税金みたいなものだと思っているので、そうもいきません。

 

知識をつけることによって、自分の将来設計を守っていく。

そのために、CFPを取得する勉強をしてきて良かったなと思う事が増えてきています。

時間はかかるかもしれませんが、みなさんも勉強してみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪