social-1206614_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今週も早く水曜日ですが、

かなりゆっくり時間が流れています。

そして、7月が終われば、来月は1週間のタイ旅行が待っています。

それを楽しみにして、激務に耐えていきたいと思います(笑)

 

今日は、皆さんにお伝えするというか、

ちょっとした僕の愚痴を聞いてください。

 

Air bnbの共同出資について、色々難しいなーという話はしてきましたが、

3人で行っているうちの、1人についての愚痴です。

 

この女性は、僕の3歳上の女性ということもあり、

かつ、日本最高学府卒業という肩書きもあることから、

最初は、かなり気を使って接していましたし、意見を共有できる間柄ではありました。

 

しかし、昨年の年末あたりから、本業が忙しいのと、一棟マンションを購入した

ということで、民泊関連の作業がおろそかになり、そのしわ寄せが、

僕に結構来ました。その時から、正直、その女性には、結構たまっている感情があります。

 

その方は、どういうわけか、大手企業を今年3月に退職し、

4月から、中小の何をやっているか分からないコンサルタント会社に転職したので、

その間の期間である3月は、色々やってくれたらしいのですが、

何をやったとか、そういったことを共有してもらえないので、

実際に彼女が何をやったのかは、いまだに謎です。。。

 

正直、報連相の能力が、極端にかけています。

 

そして、つい最近、運用している1部屋について、

管理会社から、契約者である、その女性に連絡が入り、

その女性は、ビビッて、辞めたいということになり、

撤退するか、しないかという話し合いを、もう1人の男性も含めて行いました。

 

状況としては、確かに注意喚起はされているものの、

まだ本格的に調査が入っている感じではないし、

そもそも、その当時の契約者として記載した所属会社は、

以前の会社なので、社会的地位が脅かされるようなリスクはほぼありません。

 

そして、しまいには、保証人に連絡が行くからということで、

保証人が夫であり、連絡が行った場合、関係がギクシャクするか、

なんて、意味の分からない言い訳を使い、逃げようとしました。

 

そして、僕ともう1人が、粘り強く、本当にダメならすぐに撤退するけど、

まだもう少し様子を見ようという話をしたところ、最終的に、分かったということになりましたが、明らかに不機嫌な様子。

 

その不機嫌な様子に、僕はブチ切れそうになりましたが、そこは大人の対応。

我慢をしました。

 

お前が、今まで迷惑をかけてきて、その都度我慢してきた度合いに比べれば、

お前が怒る資格なんてないんだよ!と心の中では思います。

 

この女性に対しては、色々思うところはあります。

 

少なくとも、確実に言えること、それは、この女性と、民泊関連以外では、

二度と会うことはないということです。

 

皆さんも、共同出資をするときには是非気を付けてください。

自分がそのように見られないようにするという意味も含めて(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪