office-1154856_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今週もあっという間に過ぎてしまいましたが、

Air bnbをやっていて、今月末で閉じる部屋での生活も今日で終了です。

寮生活をしていると、寝る以外はどこに行っても人がいるので、

落ち着きませんが、1人暮らしはやはりよいなーと思います。当たり前ですが。

一棟マンション購入の資金を貯金するために、まだしばらく寮にはお世話にならないければなりませんが、なんとか民泊の方がうまく回ってくれて、今年中に出れるようにしたいと思います。

 

ということで、今日は民泊についてお話ししたいと思います。

昨年の8月から1部屋、10月から1部屋、そして、今年の1月から4部屋ということで、

合計で6部屋立ち上げを行いました。

 

そのうち、2部屋については、近隣住民もしくは部屋のオーナーとのトラブルがあり、

撤退をしているのですが、残りの4部屋については、現在、順調に運用が進んでおります。

 

そこで、皆さんは民泊がどのくらい儲かるか?ということについて、

興味がある方が多いと思うので、今日はそれを数値でご紹介したいと思います。

 

まず、上記6部屋の立ち上げ費用及び2部屋の撤退費用で、

合計540万円程度の投資をしています。ただ、僕たちは、3人で3分割で投資をしているので、1人当たり180万円程度の出資となります。

 

そして、最初の部屋を始めてから、既に10か月が経ちますが、

今のところ、270万円をすでに収益として回収しています。

 

今のまま4部屋が順調にまわってくれれば、今年末あたりにちょうど全額回収できるかなというのが状況です。

 

撤退がなければ、おそらく、今頃ほぼ回収できていたのかなと思いますが、

そうは簡単にいきません。収益が上がることはリスクも高くなるということで、

既に1/3の部屋が撤退まで追い込まれています。

 

ただ、仮に今年末に全額の投資金額を回収できた場合、

月々の平均収益は、31.76万円(3人で運用しているので、1人当たり10.58万円)、年間の収益は381万円ということで、利回りで言えば、70.6%になります。

 

不動産投資では、7%であれば、非常に高いといわれている中で、

この数値がどれだけありえない数字かということがお分かりいただけると思います。

 

このように計算してみたのは、実は今回が初めてなんですが、

トラブルがあり、突発的な費用が発生しているとはいっても、

手残りキャッシュフローベースでこの利回りはヤバいなーと改めて思います。

 

ただ、どんなに表面利回りが良くても、こういった一時的な投資では、

それを回収できるかどうかが全てです。回収できなければ、赤字ということになるわけで、

そこは注意しなければなりません。

 

僕も、初期投資は回収するまでは気が抜けない状況です。

トラブルも今後絶対降ってくると思うので、その都度適切な行動を心がけたいと思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪