皆さんおはようございます。

 

新年最初の週が終わろうとしていますが、

最初の週としては、順調に終えられそうです。

来週月曜日から順次忙しくなっていきますが、残り2日の間で、

出来る限り準備を進め、来週の負荷を軽いものにできればと思います。

 

2か月ほど前に、Air bnbをやっていたことがマンションオーナーにバレて、

撤収作業をしていました。その時の様子は11月の1週目から2週目にかけての

ブログ記事の中で、Air bnbトラブル対応と表して、数回に分けて記事にしていましたが、

Air bnb側で罰金を取られるようなことは幸いありませんでした。

これは、本当に安心したのを覚えています。

 

しかし、マンションオーナー側との調整で、

まず、最初の1か月にいただいたフリーレントは返還するという事、

そして、部屋はきれいに使ったにも関わらず、敷金が1円も戻ってこないこと。

11月分の家賃は100%支払い、実際は部屋は15日引き渡したということをしました。

トラブルが起きると、マンションオーナーは、契約違反をしたという僕たちの弱みに付け込んで、お金を搾取することに必死です。

 

僕が運用を行っていたマンションのオーナーはその地域では有名な地主。

財産はかなりの金額を所有しているはずなのに、そこまで搾取するのかというぐらい、

搾取されました。せめて、敷金の半分くらいは戻せと思いましたけど、

僕たちもサラリーマンとしての立場もあるので、強くは言えず、

言うがままになされました。

 

そして、それから2か月たった今、追加である費用を請求してきました。

おそらく、次の入居者が決まったんでしょう。

それに伴い、鍵の交換が必要になるという事で、鍵の交換代を請求してきました。

 

僕たちが入居したときに鍵の交換代を請求され、支払っていたのであれば、

入居するとき、退去するとき、どちらも請求されていたということで、

強く出れるのかなと思ったのですが、入居した際に、支払っていなかったので、

しぶしぶ支払うことにしました。

 

でも、そもそも、敷金が戻ってきていないのだから、

それで充当できるレベルな金額だったため、正直、この請求は疑問というか、

僕たちの弱い立場を利用して、お金を搾取しているとしか思えない内容でした。

 

このように、Air bnbでトラブルが発生すると、色んな面倒くさいことが発生します。

特に、お金の問題はかなりシビアです。

それまで運用がうまくいっていた物件であればあるほど、ショックも大きいし、

損失が大きくなります。

 

こういった撤退リスクというのは、今後真剣に考えていかなければなりません。

皆さんの中で、これから始めるという方がいましたら、この撤退リスクについて、

考えていただければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪