cat-254572_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日からまた1週間が始まりますね。

来月は夏休みが約2週間程度あり、オフィスから2週間いなくなるので、

実は、気を抜ける週間なんですが、マックス馬力で仕事をしていきたいと思います。

夏休みを思いっきり楽しむためにも。

 

相変わらず順調に推移しているAir bnbですが、

4部屋運用しているうち、1部屋が管理会社からめをつけられ、

撤退のリスクがあることは以前の記事で申し上げた通りです。

(サイト内検索で「」と調べて出てきた直近の記事です)

 

なぜ、管理会社に特定されたかというと、写真でした。

写真をすごい綺麗なものにお金をかけて変更したわけですが、

それが主要因で、管理会社に間取りがはっきりばれてしまい、

電話が来てしまいました。

 

それと、Air bnbでは、大体の位置が地図上で表示されます。

完全に一致しているわけではないのですが、大体ということで、

管理会社も自分たちの管理物件が転貸されていないか調べるために、

使用していると聞きます。

 

この地図の部分は、変えられないのですが、写真を変えることはできます。

予約を考えると、間取りがすべて分かって、綺麗な写真の方が、

稼働率は上がります。実際の、この問題になっている部屋も、写真を変えてから、

予約が増えました。増えたところでの、撤退リスクなので、非常に残念なのですが。。。

 

そして、僕たちは8月からまた公表することを決定しました。

 

その中で、写真を変えるというのが、大きな策です。

写真を変えることによって、自分たちでも間取りが分からないような

形にすれば、どうにか運営は出来るかもしれないと思っているのです。

 

でも、それと引き換えに、間取りが分からなくなると、

今度は、予約状況が悪くなるかもしれません。

これは、若干危惧しています。

 

もし、撤退リスクが軽減したとしても、

そもそもの、運営がうまくいかないようであれば、

本末転倒です。

 

なので、非常に難しいとは思いますが、

間取りは分からないけど、写真自体がキレイであったり、

撮っているものが、アクセントがある等の方法を使って、

撤退リスクも軽減できるし、稼働もそれなりに保てるという写真を

撮ろうと思っています。

 

それがどういった形になるのかは、分からないのですが、

とりあえず、今週に写真撮影を行います。

 

どうにか吉と出て欲しいものですが、

どうなるかはやってみないとわかりません。

 

でも、物件のポテンシャルを考えると、

やる価値はあると思っています。

 

もし、ダメだったとしても、あと3部屋は、撤退という意味では、

リスクフリーです。余裕を持って、臨みたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪