garbage-can-1423840_1280

 

皆さんおはようございます。

 

昨日は有給休暇でゆっくりしようとしていたのですが、

朝起きたら、まさかの財布がないことに気付き、朝からてんやわんや。

前日夜にスーパーマーケットで買い物したところまでは確実にあったので、

そのスーパーマーケットに連絡したところ、財布があるという連絡。

地獄から天国に舞い戻ってきた感覚でした。

財布の管理は今後細心の注意を払いたいと思います。

 

つい3日前から、民泊の管理代行をしていただいている業者の方より

連絡がありました。その連絡の内容としては、近くにゴミ捨て場がないため、

1階の共有スペースにゲストの人がごみを捨てて行ってしまうので、

なんとか対応策を考えて欲しい。

 

というのに加え、ベランダでタバコを吸い、その吸殻を

ベランダから投げ捨ててしまうので、これも何とかして欲しいという話でした。

 

この物件では、既にオーナーに民泊を行うことをお伝えしております。

ということで、こういうことが起こったら通常一発退場ではあるんですが、

オーナーの方も家賃収入を継続的に受領していきたいということで、

こういった連絡をして、対応策を取るチャンスを与えてくれます。

 

この2つの対応策としては、まず、1つめのゴミを外に捨ててしまう。

これは、室内に大きなゴミ箱がなく、また、マンションにもゴミ捨て場がないため、

こういったことになってしまうと考え、部屋に大きなゴミ箱を設置することを考えました。

おそらく、室内に大きなゴミ箱を設置すれば、そこに捨ててくれるという考えです。

 

そして、2つ目のたばこの吸い殻対応ですが、まず、僕が運用している部屋では、

タバコは禁止ということにしているので、これの周知徹底を行ったうえで、

それでも、タバコを吸うゲストは絶対に現れるので、ベランダに水を置いておく。

防火バケツに入れた水を置いておけば、仮にベランダでタバコを吸ったとしても、

そこに捨ててくれるという考えです。

 

でも、ベランダにはそもそも出てはいけないことにしているので、

ほとんどのゲストがその水を目にすることはないと思いますが、

仮に、ルールを破ってタバコを吸ったとしても、近くに水があれば、

そこに吸い殻を捨ててくれるはずという考え。

あくまで「はず」なんで、100%ではなんですけどね。。。

 

この2つの対応策をその日中に行ったら、オーナーの人が驚いていました(笑)

彼らとしても、僕たちにそこでずっと経営をして欲しいから、言ってくれていると思うので、

なんとか、これで快方に向かえばなと思います。

 

民泊の収益も最近無視できない規模になってきています。

収益を得る権利を着実に守っていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪