money-742052_1280

 

みなさんおはようございます。

 

もうすっかり秋の様相を呈してきた今日この頃ですが、

株価は昨日も下落し、気が付けば17,000円台ですね、

この状況で、アベノミクスを推し進めてきたあべ政権にもガタがきているように

ちょっと見えますが、今後どうなるんでしょうね。。。

 

先週の金曜日に、久々に色々とお世話になっている不動産コンサルタントの方と

お会いしました。場所は、目黒の雅叙園というところでお会いしたんですが、

皆さんご存知ですか?

 

結婚式場としては、有名な場所らしく、一緒にお茶をした

不動産投資仲間の数名も知っていましたが、かなりきれいな場所で正直驚きました。

 

と話が脱線してしまいましたが、金曜日集まったのは、もちろん不動産談義のためです。(笑)

その方は、最近、地方の一棟マンションの購入をすすめています。

しかし、僕としては、遠隔操作の怖さを中国滞在時に痛感しているので、

出来れば避けたいというのもあるし、経営者としての経験を積むために、

自分でできる限りのことはやりたいという思いもあり、近隣地である、

東京都周辺での一棟マンション購入を今のところ目指しています。

 

そこで、その不動産コンサルタントの方が色々お話ししてくれた話の中で、

一番気になったのは、8月を境に不動産価格が下落傾向という話です。

8月と言えば、人民元の切り下げが起こった月ですが、それを境に、

日本の不動産価格上昇を牽引していた中国人の購買力が下がり、

日本の不動産市況に大きな影響を与えているというのです。

 

この話は、先月の記事で、おそらく僕も推測として述べていたことかと思いますが、

実際、本当にそういった事象が起きているんですね。。。

僕にとっては好都合な話です!

 

知識、資金の蓄積。

中国にいる2年間はずっとこのことばかり考えていました。

それで、実際、宅建やFPの資格を取得し、知識は増えましたし、

資金も倍以上に増加し、1つの物件のローンも全額返済することができました。

 

といっても、日本に帰国した当時は、全額返済したということもあり、

キャッシュがあまりありませんでした。が、ここにきて、資金力がもうゴーサインを

出せる程度まで整ってきました。

 

僕としては、12月に会社からボーナスがでるので、それを待って、

来年1月―3月の勝負と行きたいところですが、その前であっても、

本当に良い物件が出た場合は、いかなくてはいけないケースも出てくるかもしれません。

 

とにかく、もう時期は近づいてきています。それは十分に感じるので、

最低限の準備だけは怠らないよういつもより気を引き締めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪