今年も3か月が経とうとしています。1/4が終わろうとしているわけですが、昨年末に立てた計画より大分状況が変わりつつあります。

 

ということで、4月以降のキャッシュフロー計画の見直しを行うと考えているところですが、今回は下方修正をせざるを得ない状況となっています。実は、私、不動産投資以外に事業投資なるものもやっていました。

 

それを計画にガッツリ見込んでいたのですが、早くも支払がストップしている状況です。元本は返ってくる可能性が高いと見込んでいますが、毎月の分配金はおそらくもう出ません。こういう事業投資成るものを始めてやりましたが、やっぱり怖いですね。

 

不動産投資と比べて利回りが半端なく高かったので余剰資金で参加してみたのですが、わずか3か月で終了です。やはり、利回りが高いということはリスクも高い。これは世の常でしょう。その部分の見積もりを甘くしていたことがちょっと失敗だったなと考えています。

 

とはいえ、もう起きてしまっている以上それを見込んで、再計画を立てないと前には進めません。

 

今回の見直しのポイントは2つあります。

 

  1. 事業投資からの分配金を全額削除
  2. 会社の寮に住む期間を延長して、計画していた家賃支払いが少なくなる

 

1は下方修正の要因で、2は上方修正の要因です。1の方が2の数字よりも大きくなってしまうので、結果として下方修正になってしまいそうです・・・

 

ただし、ローンの完済は予定より早くできる可能性が出てきました。

というのも、事業投資に預けていた金額はそのままあずけておくという前提で現預金残高を見込んでいたので、その分、現預金残高が上がるためです。

 

もう二度と事業投資にはお金を突っ込まないというか、自分が理解できないことにはお金を突っ込まないと決めました。不動産はもうかれこれ5年以上実践と机上の勉強で知識経験を積んでいるわけですが、それでもまだすべてを理解したとは言い切れません。まだまだ未知の世界はあります。

 

5年でそのレベルなので、他の事に関しても同じでしょう。

全く分からないことに投資することは、以下に信頼できる方からの紹介であっても博打です。そのことを強く認識しておけば・・・というのが今回の大きな反省点です。

 

今回の件で致命傷は追わずに済みそうというのがまだ救いですが、それでも若干は損する可能性があります。それは1つの勉強だと捉えて前に進んでいくしかありません。

 

分散投資をするのも重要ですが、それはある程度余裕が出来てからでしょう。まずは、不動産の方に集中投資して資源と時間を集中し、月50万円程度稼げるようになったら、余剰資金をほかの分野にも回すべく勉強を始める。

 

そんな流れをこれからはイメージしながら進めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪