wave-587105_1280

 

少し早い気もしますが、先月末までに入居者からの解約通知がなかったため、12月に退去すること入居者がいないことが分かったので、今年の賃貸経営を振り返ってみたいと思います。

 

昨年は1年を通しての満室でしたが、今年は7月に1部屋空室が発生しました。

この入居者の方は6年程度住んでいたと聞いていたので、部屋内部の状態が気になるところでしたが、キレイに使っていただいたのでそこまで消耗もなく、40万円程度はかかるかなとイメージしていたリフォーム代金を20万円程度の抑えることができました。

 

それに加えて、最速で入居者を決めることに成功しました。

期間にして3週間。リフォーム期間後という意味では1週間もかからずに決まりました。

 

運もあるかもしれませんが、解約通知を2か月前に出していただいたおかげで色々準備できたということも影響しているのかもしれません。

 

その結果、今年の空室率は5部屋で1.7%(空室期間1か月÷(12か月×5部屋))となりました。この結果には満足しています。来年は1部屋空室が出る可能性が高いと思っているので、その部屋に関しても解約通知が届き次第、迅速に準備を進め長くとも2ヵ月で決めたいと思っています。

 

今年は予定通り会社の寮に家賃1万円で住み続けることができ、想定以上のお金を貯めることができました。その結果、4つ残っているローンの内、1つのローンを半額繰り上げ返済することができ、その分キャッシュフローが改善しました。

 

来年半ばに残っている半額のローンを全額返済し、1か月あたりのネットキャッシュインの金額を30万円台に乗せたいと思います。それと同時に、半額の全額返済をすると、ローン金額が5年前に借り入れた金額の約半額になり、財務体質もかなり改善します。

 

まだ不動産価格の高騰が続いているので、来年年初の不動産購入は後ろ倒しにしますが、再来年、つまり、2018年1月~3月あたりになんとか不動産を購入出来ればと思い、今は準備をしているところです。

 

石橋をたたいてたたいて渡るという戦略を取っていますが、最初がかなりのロケットスタートとなっている為、それぐらいがバランスが良いのかなと思っています。つまり最初はかなりリスキーな形で始めているので、今はかなり慎重ぐらいが戦略としてはバランスがとれているのかと。

 

遅くとも2年後には不動産収益にかかるネットキャッシュインが1か月あたり50万円を超えている状態にしておきます。それは最低限の目標です。

 

それとともにとにかくいろんな場所に積極的に顔を出していきたいと思います。

不動産投資家としてより成長していき、将来不動産王になるために。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪