HAW8686_frutetogakuhu500-thumb-260xauto-4596-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日からまた1週間が始まります。
久しぶりに5日間フルで働きますが、決算作業は先週で落ち着いたので、
また通常モードに戻れるはずです。
今回は、新しいことが多く、ミスが多い決算となってしまったので、
来月は、ミスを減らすべく、今月中に対策していきたいと思います。

昨日、日本でお世話になっている税理の方に、固定資産税の通知が来ているかどうか
確認したところ、杉並区を除いては、既に通知が来ているとのことだったので、
PDFにて送ってもらいました。

結果としては、去年と違う金額になっていました。
しかし、違う金額と言っても、1,000円以内の上昇で、影響は大きくありませんが、
金額は上がっていました。

固定資産税の基準となる、固定資産税評価額は3年に1度洗い替えされるのですが、
今年はその洗い替えの年でないのにも関わらず、上昇していたということは、
おそらく物価調整等、価格以外の要因で動いたものと思われます。

いずれにしろ、不動産価格、地価が上昇中と言っても、固定資産税・都市計画税
の金額への影響額はたかが知れているということです。この部分は、過度に心配する必要がないということでしょう。

ちなみに、僕が現在受け取っている具体的な固定資産税・都市計画税の金額は以下の通りです。

・東京都西小岩物件 築13年 65㎡ 116,500円
・東京都用賀物件 築28年 50㎡ 58,800円
・東京都上池台物件 築29年 49㎡ 59,300円

こうしてみると、築年数が新しい程、支払金額が大きくなることが分かります。
また、僕は現在、銀行口座振替の4回払いにしている為、
実際支払うのは、去年と同じであれば、7月、9月、12月、2月だったかと思います。

この銀行口座振替、意外と知らない方が多いのですが、かなり便利です。
興味がある方は、所有不動産の知識を管轄する税務署に問い合わせてみてみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪