今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

昨日アップした長期入居者の方が退去されました。

一言でいえば、良くも悪くも想定内に収まってくれたので、少し安堵しています。

 

退去後の部屋は今日午前中に見に行く予定ですが(間取りが特殊な間取りの部屋になっているので確認しておきたいので)、既に写真では状況確認をしています。室内の状況としては、15年間居住されていたということで、やはり汚い状態でした。少なくとも僕が8年程度賃貸経営をしていた中で一番汚い状態です。

 

今回は、TVモニター付きインターフォン、ホスクリーンに加えて、1階の部屋ということで外から見える窓の半分下を外から見えないようにフィルムで加工するという作業も加えました。加えて、IHクッキングヒーターへの交換も行うので、バリューアップ工事も含んでいます。

 

それらバリューアップの工事費用で10万円強かかります。合計金額は35万円と、無視できない価格になりました。

 

これで原状回復費用の回収が出来なければ、最悪なのですが、退去立会い業者の方が交渉を頑張ってくれて、15万円近く、原状回復費用を回収することができました。これがかなり大きく、僕の自己負担金額としては20万円程度ということで、当初20万円以内におさまったら嬉しいと考えていた僕にとっては、悪いニュースではありませんでした。

 

あとは、工事完了日と工事完了後の部屋を賃貸仲介会社へ周知することです。

これをしっかり行って、初めて自分ができることはやったという感覚に自分はなります。

 

逆にその後決まらない期間が長引くと、途中で催促しすぎるのも難しいですし、対応には困ります。ただ、これらやることをやって、3か月半以上空室になったことは、今までの賃貸経営上、経験したことがありません。

 

加えて、今回は室内リフォームでやるべきことはやるつもりですし、賃貸が活発になる9月から募集開始をすることができるので、条件としては悪くないと考えています。

 

このように賃貸経営は目の前にあることを1つずつこなしていく。というスタイルが大事だと個人的には考えています。もちろん、投資としての時間軸は長い投資ですが、やることはほんと目の前のことをしっかりやっていくことを積み上げていくことだと僕は思います。

 

9月は宅配ボックスの設置月でもあります。

これを機に物件のバリューアップを図り、平均空室期間をさらに短くしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪