bench-1289528_1280

 

皆さんおはようございます。

 

気温も大分落ち着き始め、秋の季節、一番良い季節になってきましたが、

それと同時に今年も終わりに向かっていくのだな~という寂しさも感じ始めています。

残り4か月程度、悔いのない年にしていきたいと思います。

 

日曜日に1級FP実技試験を受験してきたのですが、

噂通りの簡単さで、模擬回答を確認したところ、明らかに合格基準である

60点以上だったので、ほぼほぼ合格と思っています。

これで、2年半程度、勉強してきた結果が有終の美となったわけですが、

試験会場につくなり、想定と異なり驚きました。

 

というのも、1級実技試験には、資産設計業務と資産運用相談業務の2種類があります。

どちらに受かっても1級FPになれるのですが、その主催団体が異なるため、

試験内容や試験方法も異なります。

 

僕が今回受験したのは、資産設計業務の方、しかし、この3か月間勉強してきたのは、

資産運用相談業務の方でした(笑)

 

相談業務の試験形式は、面接試験と想定していたのですが、

試験会場に着くなり、机の上に、解答用紙があり、面接試験ではないことに気づき、

ヤバい、試験の種類間違えた。。。と思いましたが、

これまでの蓄積で何とか合格点に到達することができました。

 

ということで、1級FP実技試験を受ける際は、2種類あることを知ったうえで、

どちらの試験を受験するのか?明確化してから、試験勉強を始めてください。

でないと、僕みたいな目にあいます(笑)

 

内容としては、資産運用相談業務の方が、断然実務に則していると思います。

資産提案業務の勉強をしていなかったので、内容を熟知しているわけではないのですが、

それまでの試験の復習といったイメージでした。何も新たな気づきはありませんでした。

 

しかし、資産相談業務では、2パターンのケースが与えられ、

その与えられたケースで相談をしている顧客へ対してのアドバイスを面接試験で、

口頭で回答します。

 

従い、本当に理解していないと回答することができませんし、

問題の設定が現実に即しているような内容なので、

FPとして相談を受ける中で絶対に役立ちそうな内容でした。

 

CFP6科目合格までに様々な知識をつけることができましたが、

今回の相談業務の勉強によって知識を昇華させることができました。

そういった意味で、今回の勉強成果を発揮することは出来なかったものの、

大分勉強になりました。

 

FP試験に関しては、これで終了です。

あとは、CFP認定に向けて、エントリー研修を受けたり、

みなし研修を受けたりするということだけです。

 

CFP認定を受けたら、コンサルティング業務を徐々に増やしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪