今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今週は大分ゆるーい1週間ですw

人気ブログランキング

 

 

今日は民泊の運用報告です。

今月で運用を始めてからまるまる2年が経過しました。

もうなんやかんや2年が経つんですね、早いような遅いようなという感じです。

 

結局この24か月の運用で単月赤字になったのは、3部屋同時に始めた月である2016年1月のみです。そう考えると比較的容易なビジネスであることは間違いありません。

 

1年の流れでいうと、1,2月は厳しく、3月、8月はまあまあ、4月と7月と12月は繁忙期、6月、9月、10月、11月あたりはそこまで盛り上がらないという感じです。これが2年を通してみての実績からの簡単な分析です。

 

ということで9月は盛り上がりにかける月でした。とはいっても、しっかり黒字は確保していますが、そこまで利益が伸びなかったということです。稼働率は90%以上あるのですが、宿泊料を下げないと予約が入らない状況で合ったため、利益が下がっています。

 

この利益が下がった要因は、メインで稼いでくれていた部屋のレビューが下がり始め、予約が入りづらくなってきているというのが一番です。今までは2か月先ぐらいまではそこそこ埋まっていたのですが、今は2ヵ月先だとほぼ予約が埋まっていない状況です。ということで、宿泊料を下げざるを得ず、利益率が下がってきています。

 

最近Airbnbの審査というか、レビューが厳しくなってきたのではないか?と思います。

今まで積み上げてきたレビューが良いものであっても、直近のレビューの質がある一定以下になってしまうと、このままこのレビューの質が続いた場合はリスティング停止になる可能性もあるのでご注意くださいというメールが来るようになりました。

 

これは始めた当初はなかった通知です。

Airbnbはゲスト至上主義と言われていますが、やはり、リスティング掲載の物件数がふえてきているため、Airbnbとしても取捨選択する余裕が出来てきたということでしょうか。始めた当初はおそらくあまり物件数がなかったため、よほどのことがない限りリスティング掲載停止などしていなかったはずです。

 

ということで、この通知が届く都度、管理会社の方にレビューの質向上の為に対応いただくようお願いしています。具体的には、チェックインチェックアウトの時間の柔軟性を上げる、ディスカウントをしたスペシャルオファーを提示する等です。

 

来年の今頃は普通に運用できているか謎ですが、出来る限り利益をとるというスタイルは崩さずに、最低限の事はこなしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪