paper-568156_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日で3連休は終わってしまいますが、

明日から始まる業務もあまり忙しくありません(笑)よって、プレッシャーはゼロ(笑)

この3連休で、フォトリーディングの復習が大分出来たので、

明日から活かしていきたいと思います。

 

年も終わりに近づいてきたところで、今一度僕自身の立ち位置を確認したい

というところで、今年、来年、再来年と約3年の資金計画を作成してみました。

 

来年1月からは待ちに待った1人暮らしを始めるということで、

キャッシュフローが月10万円程悪化します。

その代わりとして、民泊収益が拡大してほしいものですが、

最近は停滞傾向にあり、正直あまり期待できないのかなと思っています。

 

そして、本業からの入給与収入ですが、来年から名ばかり管理職になり、

残業代が出なくなります、その分ボーナス分や固定給が増えると言えば増えるのですが、

結果的に、給与収入は減ります。ということで、これもキャッシュフローのマイナス。

 

ということで、あまり良いことはありません。

伸びる可能性があるとすれば、最近いただいた投資話に投資するかどうかでしょうか。

 

しかし、投資という言葉である限りは、元本が返ってこない可能性もありますし、

そもそも、分配金もしっかり支払われるのか?という部分が非常に危ないところです。

 

先日、ビジネスの仕組みについてお話を聞きましたが、僕自身がその分野の人間ではないため、その人を信用できるか?という、いわゆる感覚の話になってしまいます。

かなりの高利回りであるがゆえに、まだ悩んでいます。

ただ、長年付き合いがある方からの紹介で、その方自身には利益が全くないのに、

紹介していただいたので、考えたいと思います。

 

本当に余裕をもって、次の不動産購入へ向かうという意味では、

2018年末まで待つことになるのかなと結果的にはなりました。

 

とはいっても、2年半後、僕がどうなっているのか分かりません。

もしかしたら、海外駐在なんてこともあるかもしれませんし、

既に結婚していて、その奥さんが投資には全面反対ということだって考えられます。

なので、僕としては、出来るうちにやっておきたいのです。

でも、だからといって、全額キャッシュを使用しなければ、

不動産購入をできない状況下で勝負をかけるのは怖いです。

 

何かあった時に現金がないと、それこそ自己破産です。

現在、それなりの規模になってきたのにもかかわらず、そんなことになったら、

全てパーです。

現金は常に一定規模保有していなければなりません。

 

ということで、この3か年計画の数字を眺めながら、

将来の計画について、もう1回練り直したいと思います。

 

こういった表であれば、勤務中にできるのはでかいです。

これが有唯一の経理マンの利点です(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪