euro-400249_1280

 

皆さんおはようございます。

 

仕事始めから早くも3日が経ちました。

今週は比較的仕事も緩いので、そこまで苦労はしていない状況です。

来週火曜日から猛烈に忙しくなるので、この3連休はリフレッシュして、

2週間の決算作業というという戦いのために英気を養いたいと思います。

 

今日はタイトルからは何の話か分からない方もいるかもしれませんが、

融資の際に提出する確定申告書のことについて申し上げています。

 

現在、ある程度の数値はできているのですが、細かい部分でまだ数値が固まっていません。

不動産関連の飲み会の経費を経費算入するか、それともしないのかで、確定申告の所得が赤字になるか黒字になるかという分かれ目になってくるので、その部分で昨日、

税理士の方、不動産コンサルタントの方にお話を聞いていました。

 

銀行の融資担当者に聞くと、確定申告の数値が赤字であっても、

キャッシュフロー上、問題なく回っているという事であれば、あまり問題ないとのこと。

減価償却費の結果、税務申告書上では赤字になっているが、キャッシュフロー的には、

全然黒字で回っていることは良くあることなので、銀行の融資担当者もそれは見て、

考慮できるくらいの知識はある。と言われます。

 

でも、なんやかんや、融資を受ける際の一番の理想形は、確定申告で黒字、キャッシュフロー上も黒字です。誰が何を言っても、これが鉄板です。

 

ということで、2015年の確定申告は黒字申告で提出したいと思います。

ただでさえ、税金が上がっているのに、確定申告によって所得を積み増すことによって、

税金が上がるのは、キャッシュフロー上はあまり宜しくないのですが、

ベストな形で不動産を購入したいと考えているので、仕方ありません。

目先の税金還付のために、将来35年以上所有し続ける不動産のローンの条件が

悪くなってしまっては元も子もないので、ここはアドバイスいただいた通りに、

黒字申告にしたいと思います。

 

この不動産を購入できるかできないかという話は、

ひとまず2,3月に終了することが出来ればと考えております。

というか信じています(笑)

 

そのために、出来る限りのことをやるというのはいつも申し上げている通りですが、

税務申告についても、そのうちの1つです。

 

自分の信用力をさらに上げるため、最善の策を尽くしたいと思います。

 

その結果、僕としてはローン期間30年以上、金利は最低でも2%以下という形で、

ローンを組むことが出来ればと考えています。すべてはそのためです。

 

みなさんも確定申告の際は自分の状況を考えて、申告するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪