みなさんこんばんは!

いきなりですが、=高級マンションという考えを皆さんお持ちですか?
少なくとも僕は持っています。むしろ、将来は高層マンションに住みたいとさえ思っていましたが、今は考え中です。

僕が、32Fのマンションの30Fに住んでいることは以前申し上げましたが、中国では、高層マンション=高級マンションという概念が成り立たないことも申し上げましたよね。それは人口密度の問題でそうせざるを得なく、高層マンションが当たり前の世の中になってしまっているからです。

現在日本では、都心の高層マンションが高く売買されています。しかし、高層マンションの売買というのは投資の面からするとリスクが多いのかなと思います。まず、高層マンション=高級マンションというブランドのようなものが何かの事故・事件等でなくなった場合、需要がなくなることがあると考えるからです。

国が違うと、日本で考えていたイメージと違うイメージをもって現地人の人は生活しています。高層マンションに対する考え方もそのひとつでしょう。僕も、まだ何か正解なのかはわかりません。今後核家族が減少していくからという安易な考えで、ファミリー物件の購入はせずに、単身向けの物件だけ購入したり、この土地は絶対に将来値上がりするから、購入したほうが良いと言われたから購入するとか。周りの考えに流され行動してしまうと、失敗したときに後悔が大きくなります。

海外に来て生活をしてみると、固定観念で自分が動いていた事に結構気づく機会があります。その時に、まぁ、中国だから良いやと思うのでなく、それってもしかして、日本の固定観念の方が危ないのではないかと、一歩踏み込んで考えることが、優秀な経営者に近づける一つの布石なのではないかと気づき始めた今日このごろです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪